FC2ブログ

(書評)アリアドネの弾丸

著者:海堂尊

アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
(2010/09/10)
海堂 尊

商品詳細を見る


東城大学医学部付属病院に設置されることになったエーアイセンター。高階院長からの辞令により、田口はなぜかそのセンター長に抜擢されてしまう。エーアイ推進派と否定派がやりあう中、MRIの技術者が急死。さらに、今度は警察官殺害と収賄の容疑で高階院長が拘束されてしまい……
ここのところ、ずっと会議室でのやりとりを主にしてきた著者の作品だけど、久々に殺人事件が起こり、それを解く、という形になった。
ただ、ここのところの著者の作品にある問題なのだけど、この話でも同様な部分に引っかかる。それは、完全な善悪二分論に陥っている、ということ。どうやって事件が引き起こされたのか、という部分では面白いのだけど、それを潰そうとするのが司法の陰謀だとかちょっとあからさま過ぎて興ざめしてしまう。
いくら完璧に思える策略だって、失敗するリスクが0ということはありえない。そして、もし、それが失敗したら、致命傷を追うことになる。そのリスクを犯してまでやることではないだろう、とどうしても感じる。特に実行犯。いくら組織に忠誠を誓っているからって、そんなことまでするか? キャラクター小説として、極端な人物がいる、というのは良いのだけど、それならそれで、そこまでするだけの掘り下げが欲しい。『医学のたまご』で記された、どうしようもない相手はいるけど、でも、それをやっつければ万事解決ではない。本当にすべきことをしっかりと見極めることが大事だ、というメッセージなどが印象に残っているだけに、最近の二分論的な話はちょっと嫌だな、と感じる。
と、何か、引っかかった部分を続けたのだけど、メインとなるトリックの部分は面白い。
強力な磁場が発生するMRI。その前にある椅子に座り、頭に銃弾を打ち込まれて死んだ警官。至近距離から撃てばあたるだろうが、そもそも、至近距離にいくと拳銃そのものが磁力に持っていかれてしまう。だとすれば、遠くから、だが、院長にそんな腕があるとは思えない。さらに、その院長の行動は明らかに不可解なもの。一体、どうやって事件は引き起こされたのか? 状況証拠としては明らかに院長が不利な状況を、どうひっくり返すのか?
強力な磁場が発生している殺害現場……という特殊な環境を最大限に利用してのトリックと謎解きは実に見事。明らかに矛盾した状態をどう説明するのか。ほとんど証拠といえるものがないにも関わらず、論理を駆使してひっくり返す。最近、おとなしいと感じていたロジカルモンスターの大活躍も含めて楽しかった。
先に書いたように、陰謀とかあの辺りが、あまりに単純すぎてどうしても引っかかるのだが、謎解きには満足した。

No.2707

にほんブログ村 本ブログへ






スポンサーサイト



COMMENT 0