FC2ブログ

(書評)三つの名を持つ犬

著者:近藤史恵

三つの名を持つ犬三つの名を持つ犬
(2011/05/17)
近藤史恵

商品詳細を見る


愛犬・エルとの日常を綴ったブログがヒット。一躍、その名を挙げたモデルの都。心安らぐ家族であり、仕事すらをももたらしたエルは、彼女にとってあらゆる意味での救い。ところが、ある日、そのエルを不慮の事故で亡くしてしまう。家族だけでなく、仕事も失うことを意味するエルの死。そんなとき、エルそっくりな犬を連れたホームレスの話を耳にして……
冒頭に書いた文章や、はたまた、通販サイトなどで書かれている内容紹介を見ると、主人公は都であるように思われるかもしれないが、都は前半の主人公という位置づけ。後半は、都の飼っている犬が別の犬に摩り替わったことを発見した青年・江口へと主人公がシフトする。
「後に引けない状況」。本作は、その描き方が凄く上手いな、と感じた。
こう言っては何だけど、都は、飼い主として色々とダメだと思う。そこまで大切な存在であるエルを、なぜ、もっと大事に扱わないの? とか、むしろ、死んだ後になってエルを出汁に自己憐憫に浸っているだけじゃないの? とか、そういうのをどうしても感じる。
でも、それが人間ってものだよな、というのも同時に思う。家族であることは間違いないわけだけど、でも、エルがいるからこそ仕事が来る……という状況であったら、それを不慮の事故で死なせました、とは口が裂けても言えない。ソックリな犬がいる、といわれれば、それを何とかして手にしよう、と考える。そして、今度こそ、その存在を失わない、と考える。やっていることは間違いなく犯罪だし、自分勝手この上ない。でも、実際に都のように実行するかどうかは別にしても、もし同じような状況に追い込まれたら、同じようなことを考えるのではないか、と思う。この辺りの、とんでもないことなのだけど、でも、少し先にありそう……そんな心情描写がさすがだな、と感じる。
一方、そんな犬の変化を発見した江口もやはり、引っ込みの付かない状況へ。
借金をし、振り込め詐欺の出し子という犯罪の下っ端をしている江口。そんな状況なので、都から金を取れるチャンスかもしれない……と動き出す。けれども、根っからのワルというわけではない江口は、都の態度などを見て心が揺らいでしまう。しかし、上役からは、金をむしりとれという命令……。こちらも、自分勝手ではあるんだけど、でも、江口の気持ちっていうのがわかるなぁ……という感じになった。
まぁ、分量的な問題もあるのだろうけど、多少、都の心の変化が急だと感じたり、江口の上役の対応が随分と寛大だなと感じたり……というのがあったりはする。でも、落ちるしかない、という状況の中で、これが一番、綺麗な着地の仕方なのだろうな……とも感じる。ラストシーンの段階では低いところかも知れないけど、これ以上落ちる心配はない、という風に言えるわけだし……。

それはそれとして、作中にあったササミ(都が奪ったホームレスの飼い犬)が、水を怖がる、という描写は結局、何だったのだろうか? 確か、狂犬病の犬は水を怖がる、みたいな話を聞いたことがあったので、何かの伏線かと思っていたのだけど……。
まあ、これでササミが狂犬病だったら、バッドエンドしかありえないわけで、これはこれで良いのかな、とは思うけど(笑)

No.2708

にほんブログ村 本ブログへ




http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-2242.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  「三つの名を持つ犬」近藤史恵
  • 第十回大藪賞受賞の才媛が描く犬と飼い主をめぐるサスペンス。愛犬家ならではの心理の動きが素晴らしく、切なさに号泣必至! 愛犬エルとの生活を綴ったブログがきっかけに、ようや
  • 2013.07.30 (Tue) 15:30 | 粋な提案