FC2ブログ

(書評)我が家の問題

著者:奥田英朗

我が家の問題我が家の問題
(2011/07/05)
奥田 英朗

商品詳細を見る


「家庭」で起こるちょっとした問題を切り取った6編を収録した短編集。
著者の作品は、伊良部シリーズのようなユーモアシリーズもあれば、『最悪』などのようなシリアスなものもある。……とバラエティに富んだ作品があるのだけど、それぞれ、ディテールの描き方が上手いな、と思う。
この作品は『家物語』、『ガール』、『マドンナ』と言った作品と同じように、ごく普通の人々が、日常の延長線にあるようなことを描いた作品。それだけに、それぞれのエピソードで「わかる、わかる」という風に頷きながら読んだ。
例えば1編目の『甘い生活?』。
新婚ほやほや、家事を完璧にこなし、常に自分を気遣ってくれる妻。周囲は「幸せ物」と言ってくれるが、どうにも居心地が悪い。そして、ついつい、帰宅を遅くしてしまう。帰りたくないと思ってしまう。
これ、凄く気持ちがわかる。なんか、あまりにキッチリし過ぎていると窮屈に感じてしまうし、しかも、あまりにも絵に描いたような「将来の計画」には違和感を覚えずにはいられない。自分自身が、どちらかというとズボラな部分があるだけに、自分も、そういう相手と結婚した、とかなったら同じことになりそうと思わずにはいられない。
また、5編目の『里帰り』。
こちらは、地方出身者として耳に痛い話。私自身、地方出身者。そして、地方出身者にとって、休みっていうのは、帰省するためのものとして扱われる。自分自身、12月くらいになると「正月はいつ帰ってくるの?」とか散々言われている身として「あるある」という感じ。独身の私がこうなんだもん、もし、地方出身者同士で結婚をしたらますます厄介だろうな……と思う。
夫の親からすれば「嫁を見せろ」、妻の親からすれば「婿に合わせろ」になるだろうし、まして、子供でも産まれようものなら……。実家じゃないから全くリラックスできないし、というその窮屈さも含めて、面倒くさいなあ……という気持ちになるのは容易に想像することが出来た。
両親が離婚の危機!? という、『絵里のエイプリル』辺りは、ちょっと身近とは言いがたかったのだけど、それ以外は、それぞれ「うんうん」と頷きながら読むことが出来た。

No.2710

にほんブログ村 本ブログへ





スポンサーサイト



COMMENT 0