fc2ブログ

(書評)ほおむステイ☆でい~もん

著者:鯛津ゆうた

ほおむステイ☆でい~もン! (ファミ通文庫)ほおむステイ☆でい~もン! (ファミ通文庫)
(2007/01/29)
鯛津 裕太

商品詳細を見る


虫歯に苦しみ、目の前には怪我をした仔猫。そんな状況の修也は、道で出会った奇妙な壷から現れたセクシーな魔神・ペイモンの3つの願いの2つをソレに使う。そして、3つ目は、ペイモンに騙され、彼女の解放に…。けれども、ペイモンはそのことで新たな呪いがかかって、修也の側にいなければならなくなり…。
うーん…微妙。
物語としては、強大な力を持った利己的な魔神・ペイモンと、少年・修也が共に行動をすることになり、ペイモンが自分が真に解放されるため、修也の憧れの少女・綾奈とくっつけようとしてドタバタ…というコメディ。
利己的な魔神に引きずりまわされててんやわんや…っていうのは、定番で、それ自体は悪くないし、また、綾奈にも秘密があって、それを狙うヒロシ&ヤスオコンビが加わるっていうのも良いと思う。
思うんだけど…なんか、そういうのがあまり1本の話として繋がっていなくて、ちょっとバラバラに展開してしまっただけのように思う。特に後半の遊園地でのデートは、完全に2つの話が平行して、そのまま平行しただけのように思えてしまって残念。もうちょっと上手く、両者が関連付けられてほしかったのだが…。
繰り返しではあるけど、悪くはない。でも、何か、もうワンパンチほしいな、という風に感じた。

通算1193冊目

にほんブログ村 本ブログへ


スポンサーサイト



COMMENT 0