FC2ブログ

坂道のアポロン・第4話

「バットノットフォーミー」

クリスマスも近づくある日、薫たちの前に、再び淳一が現れる。そして、淳一は、薫たちに、クリスマス、外国人を迎えたパーティーでライヴをしようと提案する……

なんか、ついこの間、夏休みじゃなかったっけ? とか、最初に思ってしまった(笑)
こういう言い方は何だけど、恋愛感情の一方方向さ、とか、そういうのと合わせて『はちみつとクローバー』と似ているな、と感じてきた。まぁ、こちらの方は、基本的にシリアスだけど。

で、その上で今回、感じたのは薫と千太郎の関係って、よくよく考えると、かなり不思議な関係だよな、と言うこと。
前回、薫が律子に対して告白をしたことで、ギクシャクした薫と律子の関係。そして、そうなるのは、どうしても律子は千太郎のことを思っている、という事実。
しかも、その千太郎は、百合香に想いを抱いていて、挙句、おかしな関係(?)に……。これは誤解だ、ということで、ひとつ、安心してしまう、というのもやはり奇妙な話。単純な恋敵、という意味では、むしろ、とことん突き進んでしまっていたほうが良いはずだもん。
自分が律子と幸せになりたい。でも、千太郎のことで律子に悲しんでほしくない、というのは、ある意味、わがままな思いなのだけど、でも、前回、百合香を交えたダブルデートで、律子を泣かせてしまった、という負い目を描いたことで、それを自然に感じさせるのが良いな、と思う。

そして、千太郎も色々と憎いというか……
ぶっちゃけ、律子の想いになぜ気づかない!? とか思うけど、でも、薫が自分に対して嫉妬をしている、と言う気持ちはしっかりと汲んで見せる。前回、律子を巡っての薫の怒りは理解できずとも、ちゃんと理由があるなら……
そういうのを考えても、不良、とは思えない。
もっとも、かつては敵国人の子、であった外国人の血を引き、祖母から虐待を受け、周囲からはいじめられる。挙句、祖母の死について(義理の)父からも距離を置かれる。そういう中で、暴れていた、という過去があるだけに、地元民にはそのイメージもあるのかもしれないけれども……
前に、薫がジャズにはまっているのを、従姉妹が見ていて……で、「当時の時代性を考えると、それがマイナスになるのでは?」という予想を書いたけど、そういう時代性ってやはりあるんだろうと思う。
ついでに、ジャズ会場で「黒人っぽいからダメだ」と絡んだ外国人……。丁度、アメリカでの公民権運動の真っ只中だよな、とか、そんなことも思い出した。


んで……結局、そのパーティーでは、白人の妨害で色々としらけたことはあるものの、淳一の機転もあって何とか終了。
……そのとき、百合香(の気持ち)が動いた!
……よね?

アルタイル(初回生産限定盤)(DVD付)アルタイル(初回生産限定盤)(DVD付)
(2012/05/30)
秦 基博 meets 坂道のアポロン

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ






http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-7278.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2391.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-1940.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-504.html
http://gomarz.blog.so-net.ne.jp/2012-05-05
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2703.html
http://kuroani404.blog.fc2.com/blog-entry-37.html
http://spadea.jugem.jp/?eid=15697
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-5870.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 11

この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン #4
  • 久しぶりに淳一が顔を出しました。淳一は、薫たちにバーで演奏する話を持ってきたのでした。律子に好きだと告白はしたものの、薫と律子の間はギクシャクしています。そんな
  • 2012.05.04 (Fri) 21:07 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン #04 『バットノットフォーミー』
  • 諏訪部英語すげえええ! ボーカルは実際は違う人でしたけど、良く似た声質の人持ってきたなぁ。 ・主人公の行動力がががが マジ凄いのね。あんな容貌していて全然草食系じゃないのね。 まさかヒロインに...
  • 2012.05.04 (Fri) 21:11 | 制限時間の残量観察
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン 第4話「バットノットフォーミー」
  • 「そう 時に人生はジャズと同じように  予定外の方向へと進んで行ってしまうんだ」 淳兄に誘われジャズバーで演奏する事になった薫と仙太郎! そして、千太郎の過去が明らかに…    【第4話 あらすじ...
  • 2012.05.04 (Fri) 21:26 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン 第4話 『バットノットフォーミー』
  • 古き良きブルマの時代。それもエロゲみたいな無理矢理ブルマじゃなくて、女子高生が当たり前のようにブルマだった時代です。律っちゃんも可愛いけど、お嬢さんのブルマ姿は無いのか。来週以降に期待です。 前回の告白でギクシャクするかと思った今回。薫はまるで蒸気機関?...
  • 2012.05.05 (Sat) 02:22 | こいさんの放送中アニメの感想
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン #4「バットノットフォーミー」
  • 坂道のアポロンの第4話を見ました。 #4 バットノットフォーミー クリスマスが近づいてきたある日、東京から再び淳一が戻ってきて、喜ぶ千太郎達を前に淳一は近くの繁華街にあるジャズバーでライヴ...
  • 2012.05.05 (Sat) 06:15 | MAGI☆の日記
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン #4 バット・ノット・フォー・ミー(But not for me) レビュー 
  • 俺が好きなのは君だよ 今すぐ答えを出さなくていいんだ… ただ、君の事が大好きな奴がここにいるよ、って それだけ伝えたかったんだ 律っちゃんの千太郎への想いを知りながらも、そんな律っちゃんを 丸ごと支えてあげたいという気持ちで、告白した薫。 地下室では今日?...
  • 2012.05.05 (Sat) 08:59 | ゴマーズ GOMARZ
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン 第4話 「バットノットフォーミー」 感想
  • 千太郎の過去、かなり重いものでしたね。 薫は見た目と違い、かなりアグレッシブですよ。 恋愛模様は更にややこしい事に・・・・・・これからどうなるの!? クリスマスが近づいてきたある日、東京から再び淳一...
  • 2012.05.05 (Sat) 19:35 | ひえんきゃく
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  坂道のアポロン 第4話 感想「バットノットフォーミー」
  • 坂道のアポロンですが、川渕千太郎と深堀百合香は別に何でもなく絵のモデルになっていただけだそうです。千太郎は見た目とは違い、意外と純情で繊細な部分もあります。 ボンの西見薫の方が積極的であり、いきなり迎律子にクリスマスキスのプレゼントです。律子は千太郎の...
  • 2012.05.07 (Mon) 09:41 | 一言居士!スペードのAの放埓手記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  (アニメ感想) 坂道のアポロン 第4話 「バットノットフォーミー」
  • 投稿者・全力丘 坂道のアポロン 1 (フラワーコミックスアルファ)(2008/04/25)小玉 ユキ商品詳細を見る クリスマスが近づいてきたある日、東京から再び淳一が戻ってきた。喜ぶ千太郎たちを前に、彼は「...
  • 2012.05.08 (Tue) 20:59 | ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人