FC2ブログ

(書評)サクラ咲く

著者:辻村深月

サクラ咲く (BOOK WITH YOU)サクラ咲く (BOOK WITH YOU)
(2012/03/17)
辻村 深月

商品詳細を見る


若美谷中学1年の塚原マチは自己主張できず、ついつい頼みごとなどをされてしまう少女。そして、そんな自分の性格を直したいと考えている。そんなある日、図書館で本をめくっていると1枚の紙が落ちてきた。「サクラチル」。そんな貸し出しカードには、自分と同じクラスと消された名前。その後も、同じようなメッセージを見つけ、返事を書くのだが……?
という表題作など、3作を収録した短編集。
なんか、そこから突き抜けていきそうで……でも突き抜けない、という変なウズウズ感を覚えた(笑) 全3編の中で、表題作と『約束の場所、約束の時間』は、初出が進研ゼミ中1講座、進研ゼミ中2講座、というもの。そこからわかるように、基本的には中高生向けという形で書かれている。それが、「ウズウズ感」に繋がるのだ。
というのは、普段の著者の作品なら、絶対にもっと学校、教室という閉鎖空間の中で、上だ下だ、なんていうのようなドロドロとした人間関係があり、その中で、という物語が展開していく。表題作であれば、自己主張できない主人公がいて、その主人公に何かと物事を押し付ける友達がいて、なんていうのがあるわけでいつもだったら、絶対にもっと負の感情とかがにじみ出てくるよな、と身構えてしまう。……が、その身構えたところに、そこまで進むわけではないので、何ともウズウズとしてしまう。これは、著者の作品を何冊も読んでいるから、なのだろうけど。
そして、そんな前提となる部分を除いて読めば、それぞれ明るい雰囲気になるのだ。表題作は、本の中のメッセージから、誰なのか? という疑問へとつながり、やがて、その手紙を通して一人の少女を救う結末へと至る。『約束の場所、約束の時間』は、決して目新しさはないものの、SF的な設定を使い、ちょっとさびしい部分はあるけど暖かい。そんな結末を迎える。これまでにないような暖かい作品になっているのである。
そんな中で、初出が「小説宝石」であり、舞台が高校になっている世界で『一番美しい宝石』は、他2編と比べると毒を感じる。映画同好会がヒロインとして勧誘した先輩。しかし、それは断られ、その理由、そして、先輩の条件を出される。その中で、人間の負の感情などが出てくる。いつもよりは控えめだけど、これぞ著者、という感じで、ちょっと安心した(笑) それはそれとして、他の2編とのつながり、というのも感じ、あの人があの人で……みたいなことを考えて読んだ。
しかし、どうなのだろう? この作品、私のような著者の作品に過去に触れている人間と、そうでない人間。どちらが楽しめるのだろう? この辺りの経験によっても評価が変わりそうな気がする。

No.2877

にほんブログ村 本ブログへ



http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/52230368.html
スポンサーサイト



COMMENT 2

苗坊  2012, 05. 20 [Sun] 14:47

こんにちは。ウズウズ感はとてもよくわかります。この人のほかの作品だったらこの後はドロドロした展開が待っているのにな~なんて思って読んだりもしてました^^;
それでも作品は3編とも好きでした。ベタなタイムスリップものでも辻村さんならこういう書き方になるのかと思いましたし、最後のお話も好きです。
初出は進研ゼミだったんですね。しかも中学生。それならしょうがないかという気になります。
その進研ゼミでこの作品を知った子が、ほかの作品も読んでみようと思って手に取って読んでどういう感想を持つのか非常に気になります^m^

Edit | Reply | 

たこやき  2012, 05. 23 [Wed] 21:34

苗坊さんへ

こんばんは。
どうしても、辻村さんの作品を読んでいると、「どうしても」ということになりますよね。純粋にこの作品を、ということにはならないのでしょうが……

この作品は進研ゼミでしたけど、そうではなくても、どの作品でその作家に出会うのか、というのは大きいと思います。作家のイメージがそこである程度、固まってしまいますから。
そういうのを何よりも強く感じました。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  サクラ咲く 辻村深月
  • サクラ咲く (BOOK WITH YOU)著者:辻村 深月光文社(2012-03-17)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 「約束の場所、約束の時間」 武宮朋彦は陸上部に所属しているが、協調性がなく ...
  • 2012.05.20 (Sun) 14:44 | 苗坊の徒然日記
この記事へのトラックバック
  •  サクラ咲く
  • サクラ咲く 著:辻村 深月  発行元(出版): 光文社 ≪あらすじ≫ 塚原マチは本好きで気弱な中学一年生。ある日、図書館で本をめくっていると一枚の便せんが落ちた。そこには『サクラチル』という文字が。一体誰がこれを?やがて始まった顔の見えない相手との便せん越しの交流は、二人の距離を近付けていく。(「サクラ咲く」)輝きに満ちた喜びや、声にならない叫びが織りなす青春のシーンをみずみずしく描...
  • 2019.08.03 (Sat) 22:12 | 刹那的虹色世界