FC2ブログ

黄昏乙女×アムネジア・第9話

「怨念乙女」

貞一の告白もあり、その記憶を取り戻した夕子。朝から、貞一を相手に甘え、わがままを、と続けるのだが、そんな行動の細かなところに、それまでとの違いがあって……

とりあえず、最初に思ったこと。
記憶を失う前もそうなんだけど、個人的に、相手のことを一切考えないで「○○して」と貞一に甘えまくる夕子……かなり鬱陶しい(笑) 弁当を「あ~ん」とかのときのイメージ映像でも出ていたけど、明らかに、貞一を不審者にしようとしているようだ。それに、テスト中に「声に出して好きと言って……」とかもねぇ……
これで、夕子の姿が周囲に見えるのならば、「しょーもないバカップル」で済むのだろうけど……。

で、そんな中で、貞一、霧江が感じた違和感。それは大きく分けて2つ。
1つは、夕子がこれまで見せなかった感情を見せていること。
霧江に対する怒り。弁当を食べさせられず、涙を見せる姿。そして、裸を見られての羞恥心。これらは、すべて、今までにはなかったこと。
……というか、裸を見られても、って失った感情だったんだ(笑) てっきり、貞一を誘惑するためにやっているんだと思ってた。しかも、日常のバカップル的行動には発動しないのね……とか思うし。

ともかく、もう1つが、貞一らと出会った後の記憶の一部を失っていること。
その端的なものが呪い石の怪談。自らが貞一に存在を教え、そして、その真相すらをも語ったもの。しかし、それを完全に記憶から失っている。

それらから導き出されるのは、やはり、特定記憶が失われる「アムネジア」の状態にあるという夕子の状況。
そして、そこに、「もう一人の夕子」が……



物語は、夕子の過去へ……というところへ突入して、いよいよ核心へ……
その中で感じるのは、ここまでは完全に霧江の予想通りの状況になっているな、というところ。「もう一人の夕子」が、普段の夕子の失われた記憶そのものとか、そういうのは言っているからね……

ただ、その中で、「夕子は、学園から出ることが出来ない」なんていうのが何なのか? など、そういうのも明らかになるんだろうか?
そして、やはり、過去にも何度か書いてきたけど、霧江の祖母と夕子という姉妹の間に何かがあったんじゃないか、というのが私は気になるところ。

黄昏乙女 × アムネジア 第1巻 [Blu-ray]黄昏乙女 × アムネジア 第1巻 [Blu-ray]
(2012/06/27)
代永翼、原由実 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0