FC2ブログ

(書評)犯罪

著者:フェルディナント・フォン・シーラッハ
翻訳:酒寄進一

犯罪犯罪
(2011/06/11)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


弁護士である「私」が出会った事件。そこから、それぞれの人生模様が見えてくる。
色々なところでその名を目にした作品だけど、なるほど、読んでいてその理由が良くわかった。とにかく、淡々とした文章で、劇的な展開があるわけでもないものもあれば、ミステリ作品としての面白さを持ったものなどもあり、そのカラーの違い、というのも楽しむことが出来た。
物語の冒頭を飾る『フェーナー氏』。一生、愛する、と誓った妻を殺害した真面目な医者のフェーナー。そこには、彼の人生そのものが描かれる。
ホワイダニット作品というのは間違いないのだけど、その淡々とした文体で綴られる彼の人生に何とも言えない味を感じる。動機も、かなり独特ではあるのだけど、何かその人生が描かれた上で書かれると納得してしまう。その味が見事。ここで惹き込まれた。
『ハリネズミ』は、犯罪者一家に生まれた男を描く物語。実は、天才的な頭脳を持っていた彼が、兄を助けるために行ったことは……。
こちらは、まさしく頭脳戦。それまでの人生を綴る中で、男が築き上げてきた自らへの評価。そして、それを利用し、周囲の人々を煙に巻くやりとりの数々。主人公といえる男が、天才である、とわかっていても「???」という風になっていった。まして、そもそも偏見もあって、と考えた場合は……。
不倫相手である女子大生を殺したとして逮捕された会社社長。その社長は、本当に犯人なのか? という『サマータイム』。
自らを守るために、すぐにばれる嘘をついてしまったり、とか、社長の側がどんどん不利になるのだが、その証拠の中にあった思わぬ見逃し……。タイトルで既にそのトリックがバレバレのように感じるのだけど(笑)、絶対的に思えた証拠の中にある心理的な盲点という発想が面白かった。
218頁という分量の中で11編の物語。それでわかるように、各編のボリュームがあるわけではない。そして、それぞれのエピソードは、被疑者の権利を守る、という弁護士の言葉として綴られるため、勧善懲悪という形で決着しないものも多い。けれども、そんな作品だからこそ、その被疑者、犯人(と目される者)の人生が感じられ、その独特の後味へと昇華されているのではないかと思う。

No.2906

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0