FC2ブログ

つり球・第12話

「さよならのフィッシング」

「ユキ、さよなら」 肝心のルアーが壊れ、ハルは自らを囮にし、相手を遠くに引き離すと宣言する。ダックによる、軍艦攻撃なども迫る中、ユキは……

「伝説のルアーはお前なんだよ!」
……ええっと……(汗) 前回の感想で、冗談半分で「ハルを釣り糸で縛って釣るとかじゃないよね?」とか書いたけど、本当にそうなるとは……。
いや、確かに、なぜ「友と共に」と言った言葉が残っていたのか? ハルは、妹であるココと一緒にやってきたのか? そういうことを合理的に説明しているわけだけど……冗談のつもりで書いたことが本当になると、何とも居心地が悪い(笑)

ただ、絵柄的には、かなりアレなはずのシーンだし、江ノ島音頭だって、それだけを取り上げれば結構、間抜けなものになりそうなんだけど、それを緊迫感あるものに変換してしまうのが凄い。実際、飛んでいくハルとか、かなりスピード感あって凄かったし。
そして、今度こそ、奴を釣り上げる……
そのときの、崩れ落ちる魚たちの中、現れたのは……ちっちゃ!
でも、そこまで、必死で釣りをし、ミサイル発射を巡ってアキラのリーダーと本部のやりとり……なんていうのが続いていただけに、その後の、「乾燥!」とか、そういうのもギャグっちゃあギャグなんだけど、なんか、一仕事を終えてのひっと一息、という感が強い。
ウララとして、櫻井さんを出してくるのは、やっぱり、中村監督、櫻井さんのことを気に入っているんだろうな。


そして、ちょっと長めのエピローグ。
それぞれの道を歩み始めた、ってことが描かれたわけだけど、何気に最大の勝ち組はタピオカでは? というか、アキラはあの後、どうしたのだろう?
そして……
ユキのクラスに2人の転校生が。
それは……まぁ、こういう結末がベストだよね。

つり球 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]つり球 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2012/06/27)
逢坂良太、入野自由 他

商品詳細を見る



総括
大好きな中村監督作品ということで視聴を始めたのだけど、面白かった。
基本的には、釣りを題材に、のんびりとした雰囲気ではあるのだけど、それを積み重ねることでしっかりと伏線などにつなげ、やがて、緊迫感へとつなげていく。一見、間抜けな印象を感じさせる江ノ島音頭が、きわめて不気味なものに反転するとか、本当に鮮やか。
また、そののんびりとした雰囲気によって、キャラクターを描ききったのも、その後につなげるという意味で生きていたと思う。オリジナル作品で、しっかりと最後まで視聴者をひきつける。見事だと思う。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

にほんブログ村 アニメブログへ






http://haruhiism.blogism.jp/archives/52281818.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3705.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-2802.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/06/post-ef5f.html
http://animenikilog.blog38.fc2.com/blog-entry-180.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 6

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  つり球 第12話「さよならのフィッシング」
  • 『神社から持ってきた伝説のルアーが壊れてしまった。窮地に立たされるユキたち。皆を巻き込まないため、一人で"あいつ"のところへ向かおうとするハルを制しながらも、ユキは対策を
  • 2012.06.29 (Fri) 20:40 | Spare Time
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  つり球  全12話
  • さて、今期の作品もぞくぞく終わっているので総評的な感想を書いていきます さて、中村監督のオリジナル作品ということで 個人的に前作の「C」は金融界バトルに馴染めなくて途中
  • 2012.07.01 (Sun) 03:43 | にきログ
この記事へのトラックバック
  •  江ノ島、ドーン
  • アニメ「つり球」を見ました。 フジにて 木曜深夜にやってました 江ノ島を舞台にした 釣り青春モノ とはいえ SFともいえて・・・ 釣りを通した青春、友情、成長ストーリーとして見れ...
  • 2012.07.16 (Mon) 22:37 | 笑う社会人の生活