FC2ブログ

(書評)アイアン・ハウス

著者:ジョン・ハート
翻訳:東野さやか

アイアン・ハウス (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)アイアン・ハウス (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)
(2012/01/25)
ジョン ハート

商品詳細を見る


ギャングの殺し屋・マイケルは、恋人・エレナの妊娠をきっかけとしてそこからの抜けることを決意する。育ての親でもあるボス・オットーから了承は得るものの、オットーは既に病床にあり、その息子ステヴァンや、マイケルの兄貴分ジミーらは、マイケルの足抜けを許さない。そして、マイケルが病に苦しむオットーの最期の願いをかなえたことからステヴァンらの殺意はマイケル、さらに恋人のエレナ、生き別れの弟ジュリアンへと向かっていく……
まず、最初に思ったのが、これまでの著者の作品の中で、一番、シンプルな構成をとった作品じゃないか、ということ。物語の基本的な流れは、冒頭に書いたように、ギャングから足を洗おうとするものの、それを許されないマイケルが、恋人や弟を守るために奮闘する、という話。ただし、その弟は、統合失調症となっており、挙句にその周囲で、かつて、孤児院で彼をいじめていた面々が殺されていた、という事件まで加わっていくのだが……
とにかく、著者の書く家族の絆、というのは凄まじい。これまでの作品でも、家族を守るために、というのはあったのだけど、本作の場合、主人公が殺し屋ということもあり、まさに「手段を選ばない」形でそれを実行していこうとする。ギャングの面々との対決。さらに、殺人犯として逮捕されそうになった弟を守るために……。ある意味では、殺しを肯定してでも、というかなり強烈な形になっている。
そして、終盤に明らかになるある事実も、その「凄まじい絆」という感想をより強くさせる。確かに、この人物の行動もまた、普通では考えられないものだけど、ちゃんと理由があったことが明らかになるとストンと納得できる。こういうところがよさなのだろう。
まぁ、過去の作品でもあったけど、あまりに警察が無能じゃないか? と思うようなものはある。また、これは好みの問題かもしれないが、やや大味な感もある(狙われている殺し屋、という時点で、あまり緻密な展開にはしづらいと思うが) そういう点で、残念ながら、大傑作といった評価はしづらいのだが、それでも読ませる力はあると思う。
ところで、個人的に内容とあまり関係ないが、私が気になった部分。
「愛しているよ、ベイビー」
みたいな台詞がしばしば主人公の口から飛び出てくる点。よく、ギャグとかとして使われる台詞だけど、本当に、こんなやりとりあるんだ……(笑)

No.2912

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0