FC2ブログ

(書評)立花美樹の反逆 THANATOS

著者:汀こるもの

立花美樹の反逆 THANATOS (講談社ノベルス)立花美樹の反逆 THANATOS (講談社ノベルス)
(2012/04/05)
汀 こるもの

商品詳細を見る


周囲に死をもたらす「死神」立花美樹。合宿に行こう、と真樹に誘われた、彼の同級生5人がたどり着いたのは、奥多摩にある新興宗教の施設。そして、そこにいるはずの美樹を連れ帰るよう無理やりさせられてしまう。世俗にまみれた祭主をはじめ、怪しげな人々がいる中、大祭壇からの死体消失から不可能犯罪が幕を上げ……
と言う、第4章から始まる物語。
なんていう風に書いたのは、実は時系列がいじられてるから。前の章で「そこに意外な人物が!」と引いたと思ったら、前の時系列に移動したり、なんていうのがあってちょっと困惑した。
で、冒頭に書いたあらすじだと、死体消失、不可能犯罪をメインにした話のように思えるのだけど、実はそれってかなりどうでも良かったりして。ある意味、物凄くバカバカしいトリックなので。むしろ、ハウダニットというよりも、ホワイダニットであり、立花美樹を巡る陰謀という部分だと思う。
これまで、美樹が振りまく災厄を最小限に抑え、秘密裏に収める、というのが警察である高槻らがしてきたことなのだけど、それを利用しようとするものが現れる。それは、公安。危険組織の壊滅を図ったり、彼の存在によって危機的状況を作り、自分たちの存在感を高めようとするかも知れない。それを防がねば……。さらに、事件を巡ってのイザコザもあって……
高槻さんの秘密道具とかは笑えると言えば笑える……けど、ある意味、苦笑い。大変だなぁ……と。そして、そういう事件とかをすべて飲み込んで、手のひらの上で転がしてしまった真樹と、周囲を巻き込みまくりながら、しかし、自分は何もしないし知らない美樹というのも一種のギャグになっているのだろう。やっぱり、何の救いもなく、ブラックそのものだった。
んで、今回は、ピラルクを巡ってのお魚薀蓄。その食性とか、そういうのもあるんだけど……やっぱりデカいよね……。これを気軽に買って、飼って、飼い切れなくなって、ってあるだろうし、迷惑この上ないよな……。そういうのは良くわかった。あ、あと、ピラニアってそんなに凶暴じゃない、ってのは知っていた。
……そんな、良くまとまっていない感想。

No.2920

にほんブログ村 本ブログへ




スポンサーサイト



COMMENT 0