FC2ブログ

(書評)東京バンドワゴン

著者:小路幸也

東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)東京バンドワゴン (集英社文庫 し 46-1)
(2008/04)
小路 幸也

商品詳細を見る


下町にある喫茶店を併設した古書店・東京バンドワゴン。明治時代から続くその家には、風変わりな4世代の大家族・堀田家の人々が住んでいる。そんな堀田家、周囲の人々を描いた連作短編集。
一応、本作は結構、純粋な形でのミステリの連作短編、と言う形になるのかな? 親子4代が暮らす堀田家に、何らかの謎が持ち込まれ、それを家族で何だかんだやりながら明らかにし、問題を解決していく…という形なので。
作品の舞台が古書店、ということで、『配達あかずきん』(大崎梢著)のような、書籍に関する謎なども登場する。ただ、やはり、本作の中心は堀田家の人々、家族の物語なのだと思う。
一家の当主である頑固モノの勘一。還暦を迎えたロックミュージシャンの我南人にその息子の紺と青、藍子。その子供たち…。さらには、ご近所の神主やら、常連客など…という面々のドタバタ劇。勿論、一緒に住んでいるわけだから壮絶な喧嘩があったり、複雑な家庭問題を抱えていたり…などという部分はあるものの、皆、堀田家が好きである、というその絆は一緒。語り部が、天国から(?)、そんな一家を見守るおばあちゃん・サチということもあって、その様子が非常に優しく語られる。おかげで、凄く優しい気持ちにさせられる。「あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ」という言葉が、本書の最後に綴られているのだけど、本当にそういうドラマを見ているような気持ちにさせられる。
正直なことを言うと、登場人物が多い、ということもあって最初はちょっと人間関係とか、そういうところで戸惑う部分はあった(読んでいるうちに理解できたけど) あと、4編なんだけど、やけにストーカー? というような謎があったりとか、ちょっとバリエーションがどうかな? と感じたところはあった。
でも、他の小路さんの作品同様、読んでいて温かい気持ちになれるのは確か。

通算1196冊目

にほんブログ村 本ブログへ



http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/50828219.html
http://pochikun99.blog40.fc2.com/blog-entry-180.html
http://blog.livedoor.jp/dekodekoman/archives/51460464.html
http://blog.livedoor.jp/lovehon/archives/64748735.html
http://compass-rose.jugem.jp/?eid=327
http://hibidoku.jugem.jp/?eid=169
http://blog.livedoor.jp/sintamanegi/archives/50861805.html
http://blog.livedoor.jp/soleil1/archives/50787460.html
http://mongabook.jugem.jp/?eid=791
http://katujinosabaku.livedoor.biz/archives/50741889.html
http://tmxxb1973.blog82.fc2.com/blog-entry-222.html
http://blog.livedoor.jp/mybook_cafe/archives/914627.html
http://tsukiniusagi.jugem.jp/?eid=148
http://roko3.cocolog-nifty.com/tuiteru/2006/08/post_ca79.html
http://pandoranikki.blog69.fc2.com/blog-entry-142.html
スポンサーサイト



COMMENT 4

らぶほん  2008, 04. 28 [Mon] 13:44

こんにちは。
小路さんは、ブログを始めてから出会った作家さんの一人です。
作品からは、いつもあたたかさが伝わってきて好きな作家さんになりました。
続編も出ていますよね。
これからも追っかけていきたい作家さんです。

Edit | Reply | 

たこやき  2008, 04. 30 [Wed] 10:07

らぶほんさんへ

こんにちは。
実は、私もブログを始めて、存在を知った作家です。
大きな事件とか、そういうものがあるわけではないのですが、人々の交流だとか、そういう部分を大事にしているな、と感じます。
シリーズ、3作目も先日出ましたし、そちらも読むつもりです。

Edit | Reply | 

きりり  2009, 07. 21 [Tue] 01:21

おばあちゃんの語りがウマいですね ストーカーネタが多いのは私も気になりました 登場人物が多いからキャラが立ってるようで意外とそうでもないところもあり、この手の作品なのに萌える人がいなかった(笑)です

Edit | Reply | 

たこやき  2009, 07. 25 [Sat] 01:34

きりりさんへ

ちょっと、同じようなネタが多いのは、どうしても気になりますよね。
このシリーズの勝因は、語り部をおばあちゃんにしたことかな、と思います。
個人的に2作目、3作目になるにつれ、安定感が増していっているような気がしますので、そちらもお勧めです。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 12

この記事へのトラックバック
  •  東京バンドワゴン/小路幸也
  • 東京バンドワゴン/小路 幸也 ¥1,890Amazon.co.jp 【下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。 ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。 おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。】 初見が初見だったも?...
  • 2008.03.29 (Sat) 20:54 | 狭間の広場
この記事へのトラックバック
  •  東京バンドワゴン 〔小路幸也〕
  • 東京バンドワゴン ≪内容≫ 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。 ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。 おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。 (MARCデータベースより)
  • 2008.03.29 (Sat) 23:19 | まったり読書日記
この記事へのトラックバック
  •  東京バンドワゴン<小路幸也>-(本:2008年1冊目)-
  • 東京バンドワゴン 出版社: 集英社 (2006/04) ISBN-10: 4087753611 評価:85点 古本屋の大家族を書いた本とはつゆ知らず、装丁と題名にひかれてなんとなく図書館で手にした一冊。 面白かった。 「東京バンドワゴン」という名前の老舗の神保町の古本屋が舞台。と?...
  • 2008.03.30 (Sun) 00:38 | デコ親父はいつも減量中
この記事へのトラックバック
  •  「東京バンドワゴン」小路幸也
  • 東京バンドワゴン あちこちのブログで見かけてすごく気になってたんです。やっと読みました。勝手に音楽の話に違いないって思ってたんですが、音楽も出てくるけど(我南人さんですよ)、東京バンドワゴンという何代も続く古本屋さん(しかも今はカフェ併設!)の話でし...
  • 2008.03.30 (Sun) 00:46 | 本のある生活
この記事へのトラックバック
  •  「東京バンドワゴン」 小路幸也
  • 東京バンドワゴン発売元: 集英社価格: ¥ 1,890発売日: 2006/04売上ランキング: 70871懐かしい匂いと笑いと涙とたくさんのLOVEに溢れた小説。 (ほんとホロリと、ホロ、ホロリときます) 小路幸也さん初読み。 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風?...
  • 2008.03.30 (Sun) 14:32 | コンパス・ローズ  compass rose
この記事へのトラックバック
  •  「東京バンドワゴン」小路幸也
  • 東京バンドワゴン小路 幸也 (2006/04)集英社 この商品の詳細を見る 「東京バンドワゴン」は築70年にもなる日本家屋の古本屋。 東京の下町の一...
  • 2008.03.30 (Sun) 23:23 | しんちゃんの買い物帳
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  郷愁には涙が似合う
  • 作者の小路幸也さんが自らの作品 「東京バンドワゴン」を捧げたその先は 郷愁の時代のテレビドラマ達だった。 「東京バンドワゴン」を読む人の年代によって それぞれに思い浮かべたドラマは違うだろう。 そのドラマによっては、 歳がばれてしまうというものだが ...
  • 2008.03.31 (Mon) 21:43 | 活字の砂漠で溺れたい
この記事へのトラックバック
  •  東京バンドワゴン  小路幸也
  • 『寺内貫太郎一家』『時間ですよ』に代表される、1970年代~80年代にかけて放送された大家族もののホームドラマをそのまま小説にした作品です。 東京の下町に三代続く古本屋〈東京バンドワゴン〉を舞台に、4世代8人+猫4匹そしておばけ×1の堀田家が織り成すハート...
  • 2008.04.01 (Tue) 01:18 | 今更なんですがの本の話
この記事へのトラックバック
  •  東京バンドワゴン  小路 幸也
  • 東京バンドワゴン 小路 幸也  07-22 ★★★☆☆  【東京バンドワゴン】 小路 幸也 著  集英社  《ちょっと以前、心通い合う家族、そんな時代があった》  内容(「MARC」データベースより) 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。ちょっと風変わ...
  • 2008.04.04 (Fri) 00:28 | モンガの独り言 読書日記通信
この記事へのトラックバック
  •  東京バンドワゴン⇔小路幸也
  • 東京バンドワゴン 小路幸也 下町の老舗古書店「東京バンドワゴン」。 ちょっと風変わりな四世代の大家族が、転がりこんでくる事件を解決する。 おかしくて、時に切なく優しい、下町情緒あふれる春夏秋冬の物語。 ランキングエントリー中! ■□■□■...
  • 2008.04.28 (Mon) 13:41 | らぶほん-本に埋もれて
この記事へのトラックバック
  •  小路幸也「東京バンドワゴン」
  • 三代続く下町の古本屋・東京バンドワゴン その主・勘一は、80歳近くの今もどうどう健在 その息子であり「この世はぁLOVEだぁ」金髪の伝説のロッカー我南人(でも60歳) その娘であり古本屋の隣でカフェを営む画家でシングルマザー長女・藍子 さりげないサポート派な長...
  • 2009.07.21 (Tue) 01:22 | 聞いてあげるよ君の話を