FC2ブログ

(書評)カンナ 京都の霊前

著者:高田崇史

カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)カンナ 京都の霊前 (講談社ノベルス)
(2012/07/05)
高田 崇史

商品詳細を見る


一命は取り留めたものの、意識不明の状態が続く聡美。そんな頃、亮司と共に動く竜之介の祖母が何者かに殺害される。しかし、竜之介は、そんなことを知らず、京都へ向かう。さらに、甲斐と貴湖もまた京都へ……
シリーズ完結編。
うーん……前作、聡美などをはじめとして、だんだんとキャラに愛着が持てるようになってきた、と書いたところで完結か。そして、ある意味、ここまでかなり色々な勢力が出てきただけに、それをまとめるために強引で、読み終わってみると、なんかかなり狭い世界だったのね、という感想も。
というのも、今回は、完全に甲斐が覚醒(?)しちゃって、完全にスーパーマン状態。元々、この作品の忍者の戦い、っていうのが、忍術バトルみたいな感じでツッコミどころ満載だったのだけど、それをさらに強化させてしまったような状態。しかも、超常現象の世界にまで突入されてしまうとどうすれば良いのか、という感じで……。まぁ、半ば、割り切って笑い(苦笑い)をして読めば良いのかな? と、ちょっと思ったり。
んで、そういう戦いの果てにあった元凶・傳暦の中身。
まぁ、ある意味じゃ、日本史を揺るがすんだろうけど……そこまで命がけの戦いへ、という秘密になるんだろうか? と、ちょっと思ってしまった。色々と立場とか、そういうのがあるのはわかるんだけど……。
で、そのシリーズそのもののまとめも含めて書くと、結局、最後まで中途半端なバランスだったように思う。バトルモノ、ミステリモノとして考えると、あまりに荒唐無稽な感じがして苦笑いを覚えてしまうし、かといって、歴史ミステリとしての部分はアッサリ。作中に出てくる謎そのものが、同著者の『QED』シリーズとかぶっているものが多いのも余計に印象を弱くする。『QED』シリーズだって、殺人現場で酒飲みながら歴史談義とか、おいおい、と思うところはあるんだけど、資料などを多く示し、仮説、反論などを繰り返していくので、歴史解釈としての読み応えは十分にある。でも、本作の場合、その辺りがほとんどないので、せいぜいが『QED』のおさらい、くらいに感じてしまうのだ。
そういう意味で、最後まで、不完全燃焼気味に終わってしまった、という感がある。

No.2959

にほんブログ村 本ブログへ




http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-7482.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  カンナ 京都の霊前/高田 崇史
  • 高田崇史さんのカンナ・シリーズ最終巻、「カンナ 京都の霊前」を読み終えました。 カンナ・シリーズもこの巻でいよいよ完結です。甲斐をかばって命を落としたと思った聡美ですが
  • 2012.09.20 (Thu) 22:57 | 日々の記録