FC2ブログ

(書評)だから少女はおもいでをたべる

著者:七烏未奏

だから少女はおもいでをたべる (一迅社文庫)だから少女はおもいでをたべる (一迅社文庫)
(2012/02/18)
七烏未 奏

商品詳細を見る


郊外の、元炭鉱の町・霊戸路町。駄菓子屋を営みながら、妹の幽霊と暮らす華。そんな彼の前に現れたのは、「まもの」を名乗るゴスロリ少女。「思い出を食べる」というその少女も含めての共同生活は、やがて、華の残酷な過去に繋がっていって……
……なんて、不毛……いや、無毛なあとがきだ!! っつーか、色々とぶっとんだよ、このあとがきに。なんて意味の無い裏(?)設定なんだ!!
と、どうしても、その裏設定の方に引きずられてしまうのだけど、本編の感想に行こう。そうしないといけないと思う。
正直、物語の雰囲気は大好き。何かを思い出せない華。そんな前に現れた、「まもの」のアメ。そして、魔物の影響で、生活に師匠をきたしている少女・柴田。アメに警戒される華の友人・弾。そこには……。
ラノベ作品お約束ともいえるドタバタや異能力バトルなどもあるのだけど、でも、なにかレトロな雰囲気が漂う。その空気感が凄く魅力的。そこに、華の喪われた記憶っていうミステリ要素が加わる。個人的に、大好物を詰め合わせてくれた、という感じがするのだ。
ただ、その喪われた思い出というのが、途中に一回、大きなヒントがあって、物語の設定上、この人物が関係している、というのが丸わかりという部分がある。さらに、突然に真相に、ということで、その直前の展開が一気に色あせてしまう感じなのももったいない。この事件って、文字通りに「前振り」なの? と……。分量的な問題もあるのだろうけど。
まぁ、きれいにまとまっているとは思う。ただ、もっとじっくりとやってくれれば、かなり好きな作品になっただろうな、と考えるとちょっと残念。

No.2964

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0