FC2ブログ

(書評)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

著者:岡崎琢磨

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
(2012/08/04)
岡崎 琢磨

商品詳細を見る


理想の珈琲店を求める僕が、ひょんなことから入ったのは、「純喫茶 タレーラン」という店。そこでは、女子高生のように見えるバリスタ・美星が、極上の珈琲を淹れてくれる。そして、そのバリスタ・美星の特技は謎解き……
第10回「このミス」大賞隠し玉。
8月に4冊同時に刊行された『このミス』大賞隠し玉で、最後に読むこととなったのが本作。読書メーターとか、そういうのを見ていても、この作品だけやたらと登録数が多いとか、やけに目立っている。んで、読後の感想としては、「悪くは無い。しかし、ここまで目立つ作品でもないし、欠点も多い」というもの。なんで、こんなに注目度が高いのだろう?
物語としては、終盤に、美星、そして、語り部である僕を巡る騒動はあるものの、基本的には日常の謎の連作短編集という形。
全く別の色なのに取り違われて持っていかれた傘。親戚の彼氏の浮気騒動。牛乳をねだる少年……などなど、些細な事件が起こり、それを美星が豆を挽きながら解いていく。まさしく、日常の謎ミステリといった趣。
その中で、この作品の特徴であり、私が良いな、と思ったのは、その謎解きの段階の踏み方。安楽椅子探偵ものとかだと、ちゃんと論理的な答えにはなっているのだけど、いきなり解答です、と出てしまうことがしばしばある。けれども、本作の場合、僕と美星の会話により「この可能性は?」「ないだろう」「では、こちらは?」という風に可能性を消していくのである。このあたり、石持浅海氏の作品のやりとりに似ているのだが、それをきわめて日常的なところでやってくれるのにひとつの味があると感じた。また、この作品の場合、謎は解けたけれども、それで円満解決ではなく、ちょっと苦い思いを残して、というのも特徴だと思う。これは、やっぱり、珈琲だから、だろうか?
そんな日常の話の中ですきなのは、帰国子女である親戚の少女の彼氏の浮気騒動を巡る『ビタースウィート・ブラック』。事件の発端となる少女が帰国子女であること、珈琲に関する薀蓄。そういう要素がしっかりと融合していて面白かった。
それらと比べると終盤は結構、重い感じになるのだけど……色々と仕掛けが施してあるとか、そういう部分での作りになるほど、と思わされた。単なる連作ミステリで終わらないところが新人賞作品らしいところなのだろう。
とは言え、わざとやっているところもあるのだろうが、作中の視点がぼやけていると感じるところがある(誰がどう行動したのか、などがわかりづらく感じるとか)など、まだ未熟と感じるところも何箇所か。そのあたりは、今後、解消されていくことを期待したいところ。全体を通せば、まずまず、という感じだろうか。偉そうだが、隠し玉、というのは妥当なのだろう。
しかし……なんでこんなに注目されているんだ、この作品?

No.2990

にほんブログ村 本ブログへ



http://firstsnow2.jugem.jp/?eid=321
http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-7894.html
http://munikyu2445memory.blog.fc2.com/blog-entry-186.html
スポンサーサイト



COMMENT 4

苗坊  2012, 11. 05 [Mon] 12:58

こんにちは。
隠し玉の中でも楽しめた作品でした。他の作品だと犯人が読めたりしたのですがこの作品は私は読めなかったので^^;
でも、本当に注目されていますよね。隠し玉の中でもこの作品だけやたらと注目されているのが謎です。
表紙絵が可愛らしいからでしょうか。

Edit | Reply | 

たこやき  2012, 11. 08 [Thu] 21:41

苗坊さんへ

こんばんは。
この作品は、犯人とかは関係ない部分もあるので、読める、読めないは関係ないような……(^^;)
でも、雰囲気は良いですよね。

そして……
なんで、この作品がやたらと注目されているのか、も。
私が参加している「読書メーター」では、『ビブリア古書堂』っぽいから、と言われていますが、そうなのかどうか……。ちょっとわかりません。

Edit | Reply | 

ぼんくら  2013, 01. 06 [Sun] 00:17

まあ、確かに騒ぎ立てるほど面白かったわけでもないですしね。
バリスタがらみの謎(?)にしたって、あってもなくてもどっちでもいいような設定でしたし。
解説によると、ミステリ部分が弱かったがキャラクターが評価され全面的な修正の後出版されたらしいですが……。それじゃあ『このミス』である必要性がまったくないじゃないかって感じです。

Edit | Reply | 

たこやき  2013, 01. 09 [Wed] 20:14

ぼんくらさんへ

悪い作品ではないにせよ、なぜここまで? という感じです。

>解説によると、ミステリ部分が弱かったがキャラクターが評価され全面的な修正の後出版されたらしいですが……。それじゃあ『このミス』である必要性がまったくないじゃないかって感じです。

これについては、『このミス』大賞第1回の『四日間の奇跡』からして、ミステリ色は薄いですし、その後も、『トギオ』『ラブ・ケミストリー』など、もっとミステリ色の弱い作品が受賞しているので、一種の伝統なのかも知れません。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 4

この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  珈琲店タレーランの事件簿/岡崎 琢磨
  • 岡崎琢磨さんの「珈琲店タレーランの事件簿」を読み終えました。京都の裏路地にひっそりとお店を構えた珈琲店。それが物語のメインとなる珈琲店タレーランです。偶然そのお
  • 2013.03.22 (Fri) 16:39 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  小説レビュー~岡崎琢磨~『珈琲店タレーランの事件簿』60万部突破(ノ)`ω'(ヾ)
  • 壁]´Д`*)。たいへんよく挽けました壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ 最近コーヒーミステリーを読んだのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(ノ)゚ω゚(ヾ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)新品価格 ¥680から(2013/11/17 ...
  • 2013.12.23 (Mon) 12:13 | きゅーのむにむに日和(ノ)・ω・(ヾ) ~むにきゅーアフィリエイト~