(書評)光

著者:道尾秀介

光
(2012/06/08)
道尾秀介

商品詳細を見る


都会から少し離れた山間の田舎町。小学4年生の利一たちは、その仲間たちと、様々な体験をする。謎解き、恐怖、冒険……。
という利一たちの夏~冬の出来事を綴った連作短編集。
とにかく、何ともあどけない、素直な冒険譚というのが楽しい。
プロローグとも言える『夏の光』。町の人々から可愛がられていた野良犬ワンダが行方不明になった。そんなとき、カメラマンの父を持つ宏樹は、祖母との二人暮らしで、金銭的にも恵まれていない清孝が殺したに違いない、とある「証拠」とともに言い出す。
仲間、という言葉は良いのだけど、常にべったりの仲良しではなく、ちょっとしたことで喧嘩もいざこざもある。そんな様子がいきなり描かれ、そして、ひっくり返しも用意されている。真相の部分は、ある意味、小学生らしい無知からくるところだったのだけど、小学生らしさを上手く生かしたミステリ作品となっている。
かと思えば、硫黄によって生き物が住めない湖に纏わる伝承と絡む『女恋湖の人魚』は幻想的な雰囲気を持つ。『冬の光』では、老婦人の思いと、彼女へ利一たちがささげるプレゼントが心憎い。そして、『アンモナイツ』『アンモナイツ・アゲイン』は、かなり無茶苦茶なことをしての冒険譚となるのだけど、その無茶っぷりがかわいらしく感じられた。最初の一編も含めて、まだ色々と無知なこととかを抱えている小学生だからこそ、この雰囲気が作られるのだろう。
そういうエピソードと比べると最後の2編は、本物の犯罪へ、と続いてしまい、ちょっと雰囲気が異なる。まさしく危機的な状態。その中で、脱出を図ろうとするも、やはり子供らしいもので、簡単に見破られてしまう。けれども……
ある意味では、物凄く美化された過去を描いた作品集と言えるのかもしれない。当時だって、色々とあったはずだ。けれども、回想という形で綴られる本書は、そういうところは忘れてしまう人間の思考のクセなんていうものも踏まえた上での構成のように感じる。
最近の著者の作品って、どちらかというと、どんよりとした雰囲気が強かったのだけど、本作はそういうのを感じずに読むことが出来ると思う。……何のフォローだ、これ?

No.2992

にほんブログ村 本ブログへ




http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-2264.html
http://red.ap.teacup.com/jyublog/4324.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  「光」道尾秀介
  • あのころ、わたしたちは包まれていた。まぶしくて、涙が出る――。 都会から少し離れた山間の町。小学四年生の利一は、仲間たちとともに、わくわくするような謎や、逃げ出したくなる恐怖、わすれがたい奇跡を体験する。 さらなる進境を示す、道尾秀介、充実の最新作! 真っ赤に染まった小川の水。湖から魚がいなくなった本当の理由と、人魚伝説。洞窟の中、不意に襲いかかる怪異。ホタルを、大切な人にもう一度見...
  • 2013.10.08 (Tue) 11:53 | 粋な提案
この記事へのトラックバック
  •  『光』 道尾秀介
  • 「道尾秀介」の長編小説(連作短篇かな…)『光』を読みました。 [光] 今月の始めに読んだ『鬼の跫音』以来、10冊連続で「道尾秀介」作品です、、、 今月は「道尾秀介」特集月間ですね… でも、1作ごとに作風が異なり、作品が進化し続けているので飽きずに読めるんですよね。 -----story------------- あのころ、わたしたちは包まれていた。 まぶしくて、涙が出る――。 都会か...
  • 2017.02.24 (Fri) 20:07 | じゅうのblog