fc2ブログ

ヨルムンガンド PERFECT ORDER・第6話

「嘘の城 phase.2」

トージョの目論見とは反対に、ジャカルタのキャスパーを襲撃したSR班。そして、それは、海ほたるに向かうココたちに向かっても……

「人は変わらない。組織は変わる」
今回のエピソード、まさにそれを貫いたような形だったなぁ。

日野木と会うため、海ほたるへ向かったココたち。しかし、そこに日野木はおらず、待っていたのはSR班の襲撃。先に逃げたココを追うSR班。そして、怪我をしながらも、そのココの救援に向かうヨナとトージョ……
海ほたる、アクアラインのトンネル部分でのカーチェイス&銃撃戦というのがここまで盛り上がるとは……。アクションシーンだけに、言葉でこうだ、と言われてもなかなか伝えられないのだけど、とにかく不意を憑かれる形で防戦一方のココ。救援に向かうトージョも、海ほたるでの戦いで負傷している。そういう状況での迫力が凄かった。
トンネル部分は9.6キロほど。Aパートの中の数分だけなんだけど、これって多分、実際に走行する時間くらい。それをそのまま時間で迫力十分に描いたのかな? というのを思う。
と、同時に、首都高へと入ったところで、ヘリでバルメたちがやってきて殲滅とか、絶対に実写では出来ない方法だよね、と(笑)

ともかく、SR班は、そこで壊滅状態になって襲撃は失敗。
日野木は、行方不明に。
ただし、海ほたるの時点でジャカルタの作戦が失敗したのは知っていたのに日野木は「成功」と言っていた。その理由は何なのか……と思ったら……

先に書いた、
「人は変わらない。組織は変わる」
が出てくる。

武器の取引で金銭を稼ぐSR班。しかし、実際の武器を手にしたことで班員に沸いたのは「戦いたい」という欲求。
しかも、SR班を離脱した、「オタク野郎」と周囲が笑い者にしていたトージョは、キャスパーそして、ココの下で実戦を経験している。
ここまで変わってしまったSR班だからこそ、育ててきた日野木はその願いをかなえ、息の根を止めることにした。
ある意味では自殺、なんだけど、日野木の掌の上ですべてが動いたってあたりは、流石は「超一流のスパイ」なんだろうな。

……といいつつ、日野木の本音……
SR班なんかやめて、妻子とともに暮らしたい、という気がしてならないんだけど(笑)

ヨルムンガンド コミック 1-11巻 セット (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド コミック 1-11巻 セット (サンデーGXコミックス)
(2012/04/26)
高橋 慶太郎

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ




http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-3935.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-601.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第18話「嘘の城 phase.2」
  • ジャカルタでSR班の襲撃を受けたキャスパー部隊だけど先行したチェキータが圧倒!! …そのままの勢いであっさり一掃しちゃったということになるのかな(汗) トージョはどうしてあちこ...
  • 2012.11.14 (Wed) 20:41 | Spare Time
この記事へのトラックバック
  •  ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第18話「嘘の城 phase2」
  • 日本を舞台にしたトージョ編クライマックス。 海ほたるに向かう途中、ココ班は辞めない理由を話すトージョ。 真面目な回答で、ここには美女が二人も居るからだw 今月の給料アッ
  • 2012.11.14 (Wed) 22:46 | 空 と 夏 の 間 ...