fc2ブログ

(書評)三匹のおっさん ふたたび

著者:有川浩

三匹のおっさん ふたたび三匹のおっさん ふたたび
(2012/03/28)
有川 浩

商品詳細を見る


剣道の達人・キヨ。柔道の達人・シゲ。機械いじりでは超一流のノリ。3人が帰ってきた! 悪質な万引き犯、不法投棄……再び彼らが立ち上がる……
ということで、タイトルでもわかるように『三匹のおっさん』の続編。
何か、内容紹介では、前作同様のノリのような感じがするのだけど、前作のノリとはちょっと違う、かな? 前作のノリそのものだな、と感じたのは、書店での悪質な万引きを追う第2話。万引き犯を追いかけて、犯人が事故にあったら……とか、実際にあった事件を題材にしながら、この作品らしいまとめ方をするのは、前作同様でよかった。
一方で、著者が、あとがきで「パパママ世代を」とあるように、第1話は、三匹の活躍はなく、清田家の嫁・貴子のバイト奮闘記。ぶっちゃけ、キャラクターの掘り下げ、くらいの展開でしかないのだけど、貴子の成長というのを上手く描いたな、という印象。さらに、ノリの再婚話が持ち上がる第3話も悪人退治とかではなく、あくまでも家庭内のゴタゴタという印象の話。ただ、身近な話だけに、「わかる」っていうのはあった。第1話であれば、バイト先とかの人間関係とかあるし、第3話などでは、早苗が「父のために……」とあるのだけど、それと同時に、「父親のために、学校も選ぶことにしたのに」みたいなところがあるんじゃないか? とも思うし。
そして、その上で感じたのが、前作でこれでもかと描かれた「説教くささ」「年上の尊厳」などの落とし穴。
不法投棄を取り締まろう、という第4話では、若い連中は、という三匹の思いが却って問題を厄介にしてしまう。そして、その挙句に……。第6話でも同様で、三匹と同様に見回りを始めた人々。しかし、「自分たちは正しいことをしている」という思いが傲慢さに繋がってしまう。前作、楽しかったのだけど、三匹が常に正しく、若い世代が……みたいなところで、なんか気持ち悪さを感じたのだけど、そのあたりの違和感を上手く払拭してきたように思う。
前作あっての本作なのは確か。
でも、前作との違いで、色々とフォローするなど、さすがだな、というのを強く思う。

No.3000

にほんブログ村 本ブログへ




http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-7480.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3268.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  三匹のおっさん ふたたび/有川 浩
  • 先に発表された「三匹のおっさん」の続編、「三匹のおっさん ふたたび」を読み終えました。 前作は、3人のおっさんが無闇に正義の味方きどりで暴力をふるう部分があまり好きにな
  • 2012.11.15 (Thu) 23:31 | 日々の記録
この記事へのトラックバック
  •  小説『三匹のおっさん ふたたび』著:有川 浩
  • 三匹のおっさん ふたたび有川 浩 文藝春秋 2012-03-28by G-Tools 『三匹のおっさん』の続編です。 三匹のおっさんの周りは相変わらず騒動ばかり; 今回は3人だけ出なく、その周りの家族...
  • 2012.11.17 (Sat) 21:48 | ジャスタウェイの日記☆