(書評)謎解きはディナーのあとで2

著者:東川篤哉

謎解きはディナーのあとで 2謎解きはディナーのあとで 2
(2011/11/10)
東川 篤哉

商品詳細を見る


宝生財閥のお嬢様・宝生麗子。彼女は、普段、地味な国立署の新米刑事として過ごしている。そんな彼女の前に次々と事件が起こって……
というシリーズ第2作。全6編を収録。
うーん……。前作も、それほど高い評価をしていたわけではなかったのだが、今回はさらにミステリー要素が弱くなった感じ。
今回も、基本的なパターンは同じで、刑事である麗子が事件に遭遇し、上司である風祭に振り回されながらも事件を見る。そして、帰宅後、その事件のことを執事である影山に話をすると、必ず一言でる暴言とともに真相が語られる、というもの。
で、どこに「うーん……」と感じたのか、というとかなり無理やりなトリックと思えるところが多いところ。
例えば、『聖なる夜に密室はいかが』は、雪に囲まれた密室状態の家から犯人が消失した、というもの。まぁ、一応は論理としては出来ているのだけど、そのトリックを実行したら別の痕跡が残らないだろうか? というのを思わずにはいられない。あの痕跡ってかなり特徴的だと思うだけに。
さらに6編目である『完全な密室などございません』にいたっては……それってアリですか? という感じ。いや、裏をつかれたから、という気持ちがないではない(苦笑) でも、これは間違いなく禁じ手と言える。
その中で、最も素直に楽しめたのは1編目の『アリバイをご所望でございますか』。雑居ビルで起きた女性殺害事件。タイトルでも予想が出来るように、容疑者のアリバイ崩しになるのだけど、犯行時間、アリバイ工作が上手く捻られていて驚かされた。別に矛盾とかがあるわけではないのに、どこかチグハグとした容疑者の主張から真相を見抜く影山というのも良かった。
正直なところ、キャラクター同士の掛け合いとか、そういうのも含めてやや薄味な感じがあり、著者の作品の中では低調な印象。

No.3013

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト

COMMENT 0