FC2ブログ

PSYCHO-PASS・第9話

「楽園の果実」

ついに掴んだ「槙島」の尻尾。相変らず、そのデータなどは少ないままであるが、しかし、確実にその存在は確認された。そんな中、狡噛は、ある犯罪心理学者を朱に紹介する……

サイボーグ化、機械化、そして、心理の理解の必要性。
考えてみれば、ネットについてのエピソードとか、そういうものを含めて、今後、作品のテーマになっている、というのが感じられる。

インタビューで語られる建設会社会長・泉宮寺がインタビュアーに対して問う「あなたもリッパなサイボーグ」という言葉。
まぁ、確かに、携帯端末とか、そういうのを機械に頼っている以上、人間の機械化っていうのはわかる気がする。さらに、作中では、身体の5割以上のサイボーグ化を嫌う、というのがあったけど、「○割以上」という比率も難しいところだと思う。
変な話、私自身は視力が弱くてメガネをかけている。虫歯になったとき、ちょっとした詰め物などをしてもらっている。
これって、身体の一部だけ、なんだろうけど、視力なんて生活の上で絶対に必要で、メガネがなかったら日常生活が送れなくなるからなぁ……その意味では、ほんのちょっとの部分のフォローなんだけど、物凄くもともとの身体外の道具に頼ったサイボーグ化をしている、といえるのかも、と思わずにはいられない。

その一方で、朱が紹介された心理学者である雑賀が見せた「観察による相手の人間性の指摘」。
こっちは、プロファイリングとかでもわかるように、「統計的な傾向」としてまとめられるのだろうけど、初対面でその姿を見て相手のプロフィールが全てわかる……というくらいに緻密なものになるのか? というのは思う。この辺りは、現状よりさらに進化して、ということで理解すればよいのだろうか?
ただ、そんな雑賀の授業により、かつて公安局の人間の犯罪係数が増加した、という事件があった。そして、ソレを巡って、宜野座が激怒……
まぁ、この辺り、数値によって判断するというものだから、となるんだろうな。

それに、犯罪者の心理を理解すれば事件が防げるのか? という問題もあるし。
「犯罪者の心理を理解」しても、それを取り除くことが難しい、なんてこともあるし……。
設定はかなり極端だけど、結構、現代的なテーマで行くよな、というのを今回のようなインターバル的なエピソードに見出せるな、というのを思う。

んで、次回からはその泉宮寺が狡噛を標的にして……
前回のエピソードを見ると、泉宮寺は槙島と同じ「狩る側」「観客的な側」と自身を認識しているようだけど、その構図がどうなるのか、というのもひとつの見所かも。

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.2【Blu-ray】 (初回生産限定版/サウンドトラックCD付/イベント参加抽選応募券(第1巻~第3巻連動購入者対象)2付き)PSYCHO-PASS サイコパス VOL.2【Blu-ray】 (初回生産限定版/サウンドトラックCD付/イベント参加抽選応募券(第1巻~第3巻連動購入者対象)2付き)
(2013/01/25)
関智一、花澤香菜 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ




http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-661.html
スポンサーサイト



COMMENT 0