FC2ブログ

ヨルムンガンド PERFRCT ORDER・第12話

「恥の世紀」

ヨナがココの下を去って2年。世界はココの予想の通りに各地で争いが広がる。そんな中、今のヨナの雇い主・キャスパーはココの警備をすることに。久々にココに再会するヨナ……

うーん……なるほど、原作を知っている方が、「随分とアッサリと終わった」というのだけど、まさにそんな感じ。
ココが何を狙っているのか、について薄々とは感じてしたキャスパーだったが、文字通りにそのことについて語るのは初めて。作戦名「ヨルムンガンド」。その発想は面白いといいつつも、両者の意見は食い違う。

「飛行機がダメなら、船を売る。船もダメなら戦車。戦車を封印されたら銃。銃もダメなら剣。金属が駄目なら棍棒。」
武器と人類は気っても切りきれず、そこに武器商人は、というキャスパー。
そして、間もなく彼の元を去っていったヨナを見ながら呟く。
「ヨナは武器の味を知ってしまった。だから、再び合間見えるだろう」
と。

この辺りって、「武器商人、戦争を嫌いながらも、武器商人として頭角を現しているココ」、「武器を嫌いながら、一流の戦闘能力を有するヨナ」というものを前提とし、それを受け入れるのか、それでも抗おうとするのか? というココとキャスパーの違いを出した部分なんだろう。
そして、そんな矛盾を抱えたヨナは、ココの下へと辿りつく……

前回の感想だからで、「システムは完璧じゃない」みたいなことを書いたのだけど、ある意味じゃ、それを前提として「受け入れるか」「抗うか」というところで締めるのがこの作品なのね。
空を閉鎖し、海を閉鎖し……という情報網を構築することができれば、そして、それを支配するココが元気であれば、少なくとも「しばしの平和」にはなるだろう……とか、そういうのを思う。その間に、「恥を知る」人々が自制するようになるかは賭け……。
しかし、ヨナもココも、それに賭けることにした。

だからヨナは「武器商人と旅をした」という過去形で語る、と……

ヨルムンガンドPERFECT ORDER 2 (初回限定版) [Blu-ray]ヨルムンガンドPERFECT ORDER 2 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/01/30)
不明

商品詳細を見る



総括
分割2クールでの作品。
基本、乾いた笑いと、先頭描写というなかで、「世界平和を狙う武器商人」というのをどうするのかと思っていたら、その大半は、ココの私兵たちのエピソードという構成。それぞれ面白いのだけど、その本筋がどこに行くのかが見えず、ちょっと戸惑ったりした。
その中での終盤の展開。
現在の技術水準から大きくかけ離れた量子コンピュータをブレイクスルーとするSF的展開にし、その上で、人類と武器の関係は切り離せないのか? という一種の問いかけで締めるのは予想外だった。どちらかというと、方法論を出した後、その構築を巡っての攻防戦とか、そういうところだと思っていたので。その意味で、そこまで延々と続けてきた、実質的にココの狙いとは関係の無い作戦の数々が、人類と武器の関係をこれでもかと印象付ける伏線だったのだな、というのがわかった。
はっきり言って、現在の世界から、量子コンピュータを使って、というところへの飛躍が突然すぎてポカンとした部分はあった。Dr.マイアミとか、そういうのが開発しているところとか欲しかった、なんていうのは思う。でも、話の意図としてはまとまっており、なんかもやもやとしたものは残りつつも、なるほど、と、大体納得している、という不思議な市長終了後の感想を抱いている自分がいる状態。なんだこれ(苦笑) いや、そういうのも含めて「面白かった」といえるのは間違いないのだけど。
スタッフの皆さん、お疲れ様でした。

にほんブログ村 アニメブログへ




http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-711.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1530.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4014.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3554.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-2657.html
http://sigerublog.txt-nifty.com/utakata/2012/12/perfect-order-3.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 8

この記事へのトラックバック
  •  ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」
  • ヨナがココ隊を去って2年。 ヨルムンガンドは発動されることなく。 ココの予想通り世界は第3次大戦前夜の様相をていしていた。 70万人なんてあっという間に死んだでしょ? わず...
  • 2012.12.26 (Wed) 12:20 | 空 と 夏 の 間 ...
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話「恥の世紀」
  • 月日は流れて二年後―― 二年経過したヨナ、すっかり背も伸びてちょっと大人っぽくなってましたね! ココはヨルムンガンドを実行しなかったため空は塞がらず宣言通り陸と海は燃え上
  • 2012.12.26 (Wed) 21:20 | Spare Time
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ヨルムンガンド PERFECT ORDER 第24話(終) 「恥の世紀」
  • 一度武器を手に取った少年は、決して武器を手放せない。 二期冒頭のAKを投げたシーンに続いたのは、拳銃を投げ捨てようとして捨てられなかった所でした。 原作者、最初っからこの終...
  • 2012.12.26 (Wed) 23:26 | 制限時間の残量観察
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ◎ヨルムンガンド#24恥の世紀
  • 〓二年後ヨナ:二年の間、ヨルムンガンドは実行されなかった水食べ物お金領土、色んな理由で戦い始めた、キャスパーは世界大戦前夜だといっていた~~ココ:70万人なんてあっと...
  • 2013.04.27 (Sat) 20:30 | ぺろぺろキャンディー