fc2ブログ

琴浦さん・第4話

「変わる世界」

琴浦さんがいなくなって1週間。クラスは、彼女がいなかったような雰囲気に包まれる。表面上はともかく、彼女がいなくなったことで、すっかり腑抜けてしまった真鍋くんと、自分のしたことを引きずる森谷さんを除いては……

で、ともかくまぁ、琴浦さんがいなくなって腑抜けていた真鍋君を、ESP研の先輩が説得。
そして、3人で、彼女が目撃された駅まで行き、そこで出会った住職さんから情報を得て、彼女の実家へ迎えに行く。そして、そこで、いったんは琴浦さんが逃げてしまうものの、探している真鍋くんが、本当に自分を思っていることを知り……という話。

真鍋、男前だなぁ(笑)
前回、入院しているときの「琴浦じゃなくて良かった」発言もそうだけど、今回も何つーか、イチイチ格好良い。
「お尻ペンペン」とかってのも、ある意味、琴浦さんのことを思っているからこそ、の発言だし。そういうのを考えると……となる。

まぁ、それと同時にたきつけた先輩2人も、真鍋のことを理解しているんだな、って感じる。この二人の場合、多少、思惑が違うところにあるのだろうけど……それでもね。

そして、森谷さん。
実は、この一連の展開の中で一番、上手いな、と思ったのは彼女の使い方。琴浦さんを嫌って……で、後に仲良くなる、というのはわかっていたのだけど、琴浦さんが許す、とかそういうところがメインじゃないところ。
自分の嫉妬心で真鍋を傷つけ、結果、これでもかと自己嫌悪に陥る。そして、琴浦さんがいなくなったことで、ますます真鍋を傷つける。そういう形で、彼女もまた、徹底的にどん底まで落としている。だからこそ、琴浦さんに近づくきっかけを手にしたし、また、彼女の言葉に救われるのが説得力を増す。それがなかったら、森谷さん、ただ良いところを持っていった、くらいにしかなってないもん(笑)


ただ、1話から見ていて、初めて、苦しさとかそういうのを感じない回だった。
それもひとつ、今回の特徴かも、と思ったり。


……しかし、じじぃ……
真鍋とキャラがかぶりすぎだろ(笑)

TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]TVアニメーション「琴浦さん」その1【特装版】 [Blu-ray]
(2013/04/03)
金元寿子、福島潤 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ




http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-7801.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 2

この記事へのトラックバック
  •  琴浦さん #4
  • みんなの前から消えた琴浦さんを、ESP研究会の面々が連れ戻しに行くお話でした。琴浦さんが学校からいなくなって、すでに1週間が経過していました。表面上は真鍋は、何事
  • 2013.02.06 (Wed) 00:21 | 日々の記録
この記事へのトラックバック