fc2ブログ

(書評)無花果とムーン

著者:桜庭一樹

無花果とムーン無花果とムーン
(2012/10/20)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


紫の瞳を持った18歳の少女・月夜。無花果町で育った「もらわれっ子」。そんな彼女の「お兄ちゃん」が夏のある日、急死する。泣くことも、あきらめることも、忘れることもできない彼女。そんなある日、年に一度の「UFOフェスタ」を前に……
うーん……難しい。何ていうか、(実は裏があるのだけど)ヒロインである月夜の心情は理解できないでもない。
「伝えたいことがある」
といった直後に急死したお兄ちゃん(月夜とは血がつながっていないが、2人の兄がおり、下の兄が「お兄ちゃん」で、上は「兄貴」) その兄の死が受け入れられない。お兄ちゃんの恋人だったイチゴ先輩のように、泣くこともできないし、父の言うように「忘れろ」と言われてもそれも無理。そして、そんな様子に、仲間内からはいい子ぶっていると言われるし、高校3年の夏という中、受験や将来を巡って兄貴ともぶつかってしまう……。
こんな状況でいきなり切り替えろとか、そういうのは絶対に無理だと思うし、自分でもそうなるだろうと思う。独りよがり、って言えばそうなのかもしれないけど……それでも。そして、そんな月夜の前に、トレーラーハウスで暮らす、お兄ちゃんそっくりの少年・密が現れる。すると、ここでも、その心境は一変してしまう。現金かも知れないけど、これもまた、そういうものじゃないか、とも……
ただ……そのあたりの心境の変化とかは良かったのだけど、密によって明かされる真相そのものは、過去作品の題材をちょっと変えただけにように思う。それに、全体的に、ボリュームに比べて内容がやや薄味かな、と感じる。それでも、きれいに終わってくれたのは良かったのだけど。
『赤朽葉家の伝説』とか、『私の男』、『道徳という名の少年』あたりが傑作だと感じているだけに、どうしても、ちょっと物足りなく感じるのかな? とは思うのだけど……

No.3153

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



COMMENT 0