(書評)光圀伝

著者:冲方丁

光圀伝光圀伝
(2012/09/01)
冲方 丁

商品詳細を見る


なぜ、「あの男」を自らの手で殺すことになったのか……。父・頼房から想像を絶する「試練」を与えられた幼き日の徳川光圀。2代目の水戸藩主となった光圀の生涯を描いた歴史小説。
著者の「歴史小説」を読むのは、『天地明察』以来、久々。というか、著者の作品を読んだのも『マルドゥック・スクランブル』と併せて、本作が3作目なのだけど。
で、その『天地明察』のとき、私は、その作品のことを「渋川春海の出会いの物語」という風に評した。そして、それはある意味、本作にも通じている。ただ、敢えて言うならば「出会いと別れの物語」といえるのかもしれない。
徳川御三家のひとつ、水戸徳川家の三男として生まれた光圀。普段であれば、跡継ぎとなることはないはずの彼が、健在な兄を差し置いて世子へと選ばれる。なぜ自分が? 兄を差し置いて? そんな想いが若き日の光圀を突き動かし、「傾き者」としての彼を作り上げる。しかし、その中で、宮本武蔵と出会い、林羅山ら、儒者との出会いへとつながっていく。そして、「詩で天下を取る」という気概へつながり、それが……
こういうところで、光圀が様々な人々と出会う、というのは、まさに『天地明察』と共通。ただし、その人物像の違いが興味を引いた。『天地明察』の渋川は、(本作の中でも言われるが)素直で一見、弱弱しさを感じさせる存在。対して、光圀は、情熱的でパワフルな人物。素直に相手に教えを請うのではなく、出会った先でまず覚えるのは反発であり、対抗心。しかし、それを感じる中で、だんだんと相手の実力を見極め、そこから学んでいく。ある意味、面倒くさい人物なのだけど、作中で描かれる光圀のパワフルさと見事にマッチしていると感じる。
そして、それと同時にあるのが「別れ」の寂しさ。頑健であり、聡明な光圀であるが、だからこそ、であった人々に先立たれ、その想いを託されてしまう。幼い日からの「大義」に賛成してくれた妻。それを認めてくれた悪友の読耕斎。大義を果たすための存在だったはずの頼世……。その他、多くの人々……。何が起こるかわからない、というのがこの世界、とは言え、あまりにも諸行無常という印象が残る。それもまた、光圀の成長の糧だったのは間違いないだろうが……
物語全体の構成とすれば、73歳まで生きた光圀の生涯を描きながら、その3分の2くらいを30代前半までの「前半生」に費やしており、光圀の功績である『大日本史』編纂などはかなり駆け足。また、冒頭から描かれていた殺害の経緯の説明もちょっと駆け足気味という風にも感じた。けれども、それでも、光圀の魅力がたっぷりと詰まった力作である、という風に思う。

No.3165

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

COMMENT 2

苗坊  2013, 06. 02 [Sun] 23:56

こんばんは。
「天地明察」が本屋大賞を受賞されたときに次は水戸光圀が主人公だと公言されていたので、この作品を楽しみにしていました。
水戸光圀がこれほどまでに屈強で勇ましい男だとは思いませんでした。半分以上が30代までのお話しだったので、一体いつ読み終わるんだろうと思いましたが、それまでの話がとても興味深かったです。
奥さんもお兄さんも読耕斎も出てくる人々が本当に素敵な方々でしたよね。光圀の良さが前面に現れていた作品だったと思います。
次は清少納言を書かれるそうで。それもまた楽しみです。

Edit | Reply | 

たこやき  2013, 06. 16 [Sun] 18:20

苗坊さんへ

何というか……徳川光圀って、一休宗純と並んで、「知っているようで知らない人物」の代表格みたいな存在で、史実よりの光圀像を楽しむことが出来ました。
光圀って、ちょうど、江戸幕府が出来たばかりのころに生まれ、その基盤が固まっていく時期に生きていた人なんですよね。30代くらいまでの年齢が作品の多くを占めるわけですが、光圀の業績とは別に、そういう混沌期を生きた中で、長らく続く江戸幕府が完成したのだろうな、というのを感じます。

と、同時に、冲方丁さんの歴史小説の登場人物は、皆、凄く魅力的な人々だな、というのを『天地明察』に続いて強く感じました。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  光圀伝 冲方丁
  • 光圀伝著者:冲方 丁角川書店(角川グループパブリッシング)(2012-09-01)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか―。老齢の光圀 ...
  • 2013.06.02 (Sun) 23:53 | 苗坊の徒然日記