fc2ブログ

(書評)反省させると犯罪者になります

著者:岡本茂樹

反省させると犯罪者になります (新潮新書)反省させると犯罪者になります (新潮新書)
(2013/05/17)
岡本 茂樹

商品詳細を見る


犯罪者に「反省」をさせるな! そんなバカな、と思うことだろう。しかし、犯罪者に即時に「反省」を求めると、「世間向きの偽善」ばかりが身についてしまう。本当に反省させたいのなら、「反省を求めない」「被害者の立場で考えさせない」「加害者視点で考えさせる」と言う方がよほど効率的である。しかし、現在の厳罰主義では、そのような視点が欠落している……
面白いし、「なるほど」と思うところがあるのだけど、引っかかる部分も多い。そんな感じがする書だった。
まず、タイトルにも使われている「反省させるな」という言葉の意味。著者は、加害者は反省しなくて良い、と言っているわけではない。そうではなくて、何か問題を起こしたときに、外部の人間からある意味、強制的に「反省」をさせることが良くない、と言っているのである。つまり、人間、何かをしたときには、すぐさま反省なんていうのは出来ない。混乱もあるし、他人に対する憤りだってある。自己保身だってある。そういうものがごちゃ混ぜのときに、外部から「反省しなさい」と言っても反省できるわけがない。むしろ、抑圧を生んでしまい、問題を先送りにしてしまう。それは拙いのだ、といっているわけである。
このこと自体は、自分自身の経験からもわかる。何となく、「すいません」とか言ってしまうけど条件反射的に行っているだけのものとかあるしなぁ……。著者の経験では、というような言葉が多く、心理学とかの論文などの根拠があまり書かれていないのが引っかかると言えば引っかかるのだが、それでも「なるほど」と思わされる部分は多かった。
また、子供の非行などについて、問題行動が起きたとき、学校とかが「反省文」を書かせたりするけど、それは却って問題を隠してしまう。問題行動は、文字通り、その人が抱えている問題が表出したときなのだから、そのようなことをせずに、問題と向き合うチャンスなのだ、というメッセージについては全くその通りだと思う。さらに、著者が、刑務所において、実際に受刑者などとのやりとりでいわれた言葉、というのも興味深く読むことが出来た。そういう意味で、読んで得るものは沢山あった。
ただし、一方で、引っかかるところも結構ある。
まず、著者は、即座に「反省」をさせると抑圧が生まれてしまう、と言い、その抑圧がさらなる問題の元凶とするのだけど、ちょっとそれは極端ではないか? と思われる点。こういうと何だけど、すべての原因を抑圧に求めすぎではないか? と思う。
例えば、そのような厳しいしつけを家庭でしている場合。仮のその世代で現れずとも、その子供が親となって子供に、さらにその子供に……でやがて爆発する、とか言うのだけど本当だろうか? また、日本での「立派な大人像」とかがあって、そこにあうようにしっかりとした「しつけ」がされて、それがイジメの原因のひとつでは? などと書かれている部分があるのだが、価値観の大きく異なる海外でも、学校などの密室空間でのイジメとかは問題となっていたりする。そういうのを見ると、そもそも、そこに原因を持ってきても無意味になってしまうように思う。まして、著者が言う「日本における価値観」とか、そういうものっていうのは、著者が言うとおりになっているのだろうか? という前提にまで私は疑問を覚えるのだが……
実際に、刑務所において更正指導などに携わっている人物、ということで、その辺りの部分では読み応えがあったのだが、社会全体について述べた部分など、気になる箇所も少し残った。

No.3188

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



COMMENT 0