FC2ブログ

(書評)死神の精度

著者:伊坂幸太郎

死神の精度 (文春文庫 (い70-1))死神の精度 (文春文庫 (い70-1))
(2008/02/08)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


死神の特徴。苗字が地名で、音楽が大好き。素手で人間に触れると気絶させてしまうので、常に手袋をしている。そんな彼らの仕事は、1週間、ターゲットの調査を行って「可」「否」を決定する。「可」となると、ターゲットは8日目に死を迎える。そんな死神の一人・千葉を描いた連作短編集。
うん、面白かった。
「死神」と言うと、人間の命を奪う「加害者」的なイメージになるものの、本作で出てくる「死神」はあくまでも観察者。ターゲットの近くに現れ、話をし、そして、その人間が死ぬべきかどうかの判断を下すだけ。あくまでも手を下すのは彼らではない。
物語の視点は、そんな死神の一人・千葉。何故かいつも仕事に向かうと雨が降っていて、仕事には真面目に向かう。けれども、人間のちょっとした表現だとかがわかっておらず、少しずれたやりとりになってしまう。そして、「人間に興味はない」と言い、「死ぬ前に少し、幸せにする」と言う同僚との違いを強調しながら、何だかんだでターゲットのために動いたりもしている。その辺りが何ともいえない心地よさを感じさせる。
最初の『死神の精度』で、そんな設定、キャラクターを示し、2編目の『死神と藤田』で、早速、その設定を逆手にとった結末で驚かせる。『吹雪で死神』とかは、ある種、ブラックジョークの域に達していて…と、連作短編ながら非常に趣向を凝らした物語でぐんぐん引き込まれた。
最後の『死神対老女』。まさか、こういう形で終わらせるとは…。途中、多少、予感めいたものはあったんだけど、それでも「うわ~」と思わされた。いや~…巧いなぁ…。

通算1210冊目

にほんブログ村 本ブログへ


http://blog.livedoor.jp/outside_hill/archives/51208076.html
http://blog.livedoor.jp/dekodekoman/archives/52183593.html
http://tigerdriver.blog.so-net.ne.jp/2010-01-20
http://xxxsoraxxx.blog11.fc2.com/blog-entry-460.html
http://1iki.blog19.fc2.com/blog-entry-74.html
http://blog.livedoor.jp/ekko_ekko/archives/30053512.html
http://blog.livedoor.jp/ray2002/archives/50848547.html
http://uririn.jugem.jp/?eid=165
http://katujinosabaku.livedoor.biz/archives/27758806.html
http://blog.livedoor.jp/ebinote/archives/50144792.html
http://blog.livedoor.jp/yukichi13/archives/50831822.html
http://blog.livedoor.jp/sintamanegi/archives/50284726.html
http://blog.livedoor.jp/bestbooks/archives/50407460.html
http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/50194734.html
http://tmxxb1973.blog82.fc2.com/blog-entry-771.html
スポンサーサイト



COMMENT 6

Roko  2008, 04. 12 [Sat] 09:48

特大たこやきさん☆おはようございます
ミュージック好きで、何となくマヌケな発言をする千葉さん、けっこう好みです!(*^^)v

Edit | Reply | 

そら  2008, 04. 12 [Sat] 18:35

たこやきさん,これ,面白かったよね~\(^o^)/
私も好きです♪
また読んでみたくなっちゃった(*^_^*)


Edit | Reply | 

たこやき  2008, 04. 13 [Sun] 21:27

Rokoさんへ

こんばんは~。
本人は、至極真面目に答えているつもりだけに、余計に間抜けになってしまうんですよね(笑)
この辺りの伊坂さんのセンスっていうのも見事だと思います。

Edit | Reply | 

たこやき  2008, 04. 13 [Sun] 21:28

そらさんへ

こんばんは~。
伊坂さんの作品、どれも色々と味わい深いのですが、その中でも、かなり好きな作品になりました。
映画がどういう風になっているのか、も気になります。

Edit | Reply | 

じゅん  2008, 04. 21 [Mon] 19:37

どうもー

これ、伊坂さんの中でも結構好きです。
いろんな趣向凝らして楽しませてくれつつも、
さらさら読みやすくて、スッキリしてるし!

ホント、ウマイなーって感じですよね~

Edit | Reply | 

たこやき  2008, 04. 22 [Tue] 17:05

じゅんさんへ

こんにちは~。
本当、色々と趣向を凝らしながら、けれどもすっきりとし読める、という辺りも伊坂さんの巧さが出ていますよね。
私も、これまで読んだ伊坂さんの作品の中でトップクラスに好きな作品です。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 16

この記事へのトラックバック
  •  『死神の精度』伊坂幸太郎
  • 死神が主人公の短編集。 単品でも楽しめるし、連作として読めばなお良し。 メルヘンというか寓話というか。リアルと非リアルの融合が素敵。 日本推理作家協会賞受賞作だそうだけど、そんなに推理モノっぽくはないよ。 でも伏線の張り方と回収の仕方は絶妙。 一遍毎...
  • 2008.04.11 (Fri) 22:02 | 時間の無駄と言わないで
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度 伊坂幸太郎
  • 死神の精度 オススメ! 自殺や病死以外の人間は、死神によって「死」か「生」かが決まる。 「死神の精度」 死神は、人間の世界で名前を持ち、自分の担当となる人の所へ現われる。 そして、その人間と会って「可」か「見送り」かを決める。 死ぬか、生き延びるかが決...
  • 2008.04.12 (Sat) 10:05 | 苗坊の読書日記
この記事へのトラックバック
  •  死神だって起承転結
  • 連作短編集というものは、ある意味で、 長編小説の一つの手法であると思う。 何故ならば、優れた連作短編集には 物語の並びの中に、見事なほどの起承転結があるからだ。 ふと思い出すのは、村上龍が自らの初長編小説 「コインロッカー・ベイビーズ」の後書きで記し...
  • 2008.04.12 (Sat) 14:43 | 活字の砂漠で溺れたい
この記事へのトラックバック
  •  「死神の精度」伊坂幸太郎
  • 作者の、どこか乾いた文体にマッチした作品だったと思います。 ★★★★☆ 死神、千葉(仮名)は調査部所属。担当の人間の死が「可」か「...
  • 2008.04.12 (Sat) 18:36 | 日だまりで読書
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度〔伊坂幸太郎〕
  • ある時は恋愛小説風に、ある時はロード・ノベル風に、ある時は本格推理風に…… 様々なスタイルで語られる、死神の見た6つの人間模様。 (紀伊國屋書店HPより)
  • 2008.04.12 (Sat) 20:57 | まったり読書日記
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度 伊坂幸太郎
  • 死神の精度 ■やぎっちょ評価コメント グッジョブ!っていう本だと思う。伊坂幸太郎はこの本が二冊目。短編6編が微妙に結びついているストーリー。設定が死神ってとこが微妙に無理があるかなと思っていたけど、至って平易で普通。むしろこういうことが本当にあっても?...
  • 2008.04.12 (Sat) 21:53 | \"やぎっちょ\"のベストブックde幸せ読書!!
この記事へのトラックバック
  •  「死神の精度」
  •  クールでとぼけた死神と6人の人間の人生を描いたものがたり 死神の精度 (文春文庫 (い70-1))伊坂 幸太郎Amazonランキング:44位Amazonおすすめ度...
  • 2008.04.12 (Sat) 22:02 | * bookmarker\'s bookshelf *
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度、伊坂幸太郎
  • 写真は藤里一郎。表題作で、第57回日本推理作家協会賞短編部門受賞。「2006年度版このミステリーがすごい!」の国内編第12位を獲得...
  • 2008.04.13 (Sun) 03:04 | 粋な提案
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度  伊坂幸太郎
  • 死神のイメージといえば大きな鎌を持って、黒くてボロボロのコートにフードを深くかぶる。 なんていうのを、恐らく多くの人が真っ先に浮かべるのではないのでしょうか? ところがそれは大きな誤解だったのです。 彼らはそのつど接触する対象に合わせて年齢や容姿を...
  • 2008.04.13 (Sun) 23:16 | 今更なんですがの本の話
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度/伊坂幸太郎
  • 「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。 音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。(「MARCデータベース」より) 最近、死神…というと私の中ではDeath Note まぁ、映画も近...
  • 2008.04.14 (Mon) 12:29 | Crescent Moon
この記事へのトラックバック
  •  「死神の精度」伊坂幸太郎
  • 【死神の在り方】 ・仕事は至って真面目。 ・そこそこ几帳面な性格。 ・常に冷静沈着。 ・晴れた空を見たことがない。 ・味覚はゼロ。 ・睡眠は不必要。 ・容姿は常に変化する。 ・人間の心理は100%理解出来ない。 ・仕事の為に少しは努力もする。 ...
  • 2008.04.15 (Tue) 02:19 | 雑板屋
この記事へのトラックバック
  •  『死神の精度』伊坂幸太郎
  • 死神の精度 伊坂 幸太郎 2005年 文藝春秋 ★★★★★ そう言えば、くだんの床屋の主人は、「死ぬのが怖い」と言ったこともあった。私はそれに対して、「生まれてくる前のことを覚えているのか?」と質問をした。「生まれてくる前、怖かったか?痛かったか?」 「い...
  • 2008.04.17 (Thu) 00:19 | ほんだらけ
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度
  • 「死神の精度」伊坂幸太郎 「死」と決められたヒトのもとに ちょっとクールな死神が送られる。 彼は、その決定が「可」か「見送り」かを 1週間かけて調査するのだが。。 死神の精度・死神と藤田・吹雪に死神 恋愛で死神・旅路を死神・死神対老女 6編の連...
  • 2008.04.21 (Mon) 19:36 | 読書感想文 と ブツブツバナシ
この記事へのトラックバック
  •  「死神の精度」伊坂幸太郎
  • 死神の精度 (文春文庫 (い70-1))(2008/02/08)伊坂 幸太郎商品詳細を見る 私は、人間の死についてさほど興味がない。人の死には意味がなく、価値もな...
  • 2008.05.21 (Wed) 13:13 | しんちゃんの買い物帳
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度
  • 死神の精度 (文春文庫)作者: 伊坂 幸太郎出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2008/02/08メディア: 文庫 映画では、原作作品を何本も観ている伊坂幸太郎。小説は初。本作も映画になっているが、観ていないので、これを手にとってみた。 どこかからか派遣されてくる死神エ...
  • 2010.01.20 (Wed) 01:05 | ダイターンクラッシュ!!
この記事へのトラックバック
  •  死神の精度<伊坂幸太郎>-本:2010-31-
  • 死神の精度クチコミを見る # 出版社: 文藝春秋 (2005/6/28) # ISBN-10: 4163239804 評価:80点 5年も前の小説とは知らなかった。 しかもラジオドラマ化、映画化(金城武主演)、舞台化までされているなんて。 確かに完ぺきに出来上がった、洗練された構成。 死神と人...
  • 2010.08.29 (Sun) 18:15 | デコ親父はいつも減量中