FC2ブログ

(書評)四畳半王国見聞録

著者:森見登美彦

四畳半王国見聞録 (新潮文庫)四畳半王国見聞録 (新潮文庫)
(2013/06/26)
森見 登美彦

商品詳細を見る


京都の大学生の笑いと妄想にまみれたエピソードを綴った連作短編集。
ここのところ読んだ著者の作品というと『ペンギン・ハイウェイ』とか、『宵山万華鏡』など、結構、綺麗なエピソードの物語が多かったのだが、今回はタイトルからして初期の作品のカラー。そして、1編目『四畳半王国建国史』での、ただただ回りくどく自己正当化していく喋りで「おおっ!」と思わさせてくれた。
……のだが……その後は……意味がわからん!!
ここまでのほかの作品とのリンクあり、とか、そういうのは別にかまわないのだけど、結構、場面がコロコロと移り変わってみたり何なりで……結局、どういうことなの? ということがしばしば。正直、読んでいて振り落とされてしまった、という感じ。
まぁ、それでも細かいところでは面白いと感じるところはあるんだけどね。例えば、真夏の屋外で、水玉模様のブリーフ1枚をはいた男が立っている。それだけの状況を巡ってのやり取り。特殊な力を持っている人間たちによって形成された大日本凡人会などなど……。また、四畳半世界を剥奪する存在と言われている四畳半統括委員会と言われる存在を巡ってのうわさ……部分部分での話は面白いのだけど……
これはアレかなぁ……。考えるよりも、感じろ! 的なことでいいのかなぁ?
こういう風に書いていて改めて実感した。よくわからんかった!(苦笑) 先に書いたように、その中の断片的な部分とかは面白かったし、雰囲気とかはすきなんだけどね。
って、それしか書いてないな、自分(ぉぃ)

No.3283

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

COMMENT 0