FC2ブログ

ガリレイドンナ・第6話

「ガリレオテゾロ」

いくら待っても熱が引かない葉月。指名手配中という状況ではあるが、その葉月の治療のため、姉妹は病院へと向かう。しかし、その同じ病院には、ブラックガニメデ団、さらに、ロベルトまでいて……

葉月回、と思わせておいて、実はロベルト回&シシーニョ回だったとは……
吹雪の中の病院。フェラーリ姉妹は、姉の治療のため、薬品がほしいという理由で病院へと忍び込んだ。
しかし、そこにいるブラックガニメデ団も、ロベルトも、自らの飛行艇が航行不能になり、一時しのぎと、ついでにガリレオ号の部品で修理をしようとして病院へとやってきていた……
そんな中で、病院への電源供給がストップし、そこにいた人々はパニックを起こす……

資産家の家に生まれたロベルト。両親は、その恵まれた資金力を、貧しい人々に渡す、ということを彼に教え、ロベルトもその考えに従っていた。
しかし、そんな家は空賊の攻撃によって崩壊。建物の下敷きになった両親は、死の瀬戸際に。そこにやってきたのは、父から施しを受けていた人々。「助けて」というロベルトは訴えるが、その者が行ったのは、母の持っていた宝石を奪うこと。父も母も、見殺しにされてしまった……

一方のシシーニョ率いるブラックガニメデ団。
その構成員は、元々、貧しい孤児院の出身者。孤児院と言えば聞こえがいいが、そこは、ただ大人が、子供を相手に暴力で支配するだけの場所。そんな世界から、団員たちを救ったのがシシーニョ。

とりあえず、(フェラーリ姉妹を含めた)3つの勢力の立ち位置とか、そういうのがはっきりした、というのが今回の収穫かな?
ロベルトの場合は、とにかく、極端から極端へと流れてしまった、という感じ出し、シシーニョは文字通りに「義賊」という立ち居地の存在。やっていることだけを考えると、シシーニョの方が応援したくなるんだけど、でも、どちらにせよ犯罪行為は犯罪行為。そして、ロベルトみたいな体験をしたならば、そういう極端なところに行くのもわからないではないんだよね。そういうところが感じられるのは良いことだろう。
そして、そうやって考えると……
フェラーリ姉妹が、どれだけ恵まれた立場だったのか、ということも。
星月の、前回のテオたちのことも含めての叫び。
「誰かが、犠牲になるなんておかしいよ」
っていうのは、正しいのだけど……でも、恵まれた立場だからの理想の言葉とも言えなくはない。そういうところが、はっきりしたのは良かったと思う。

そして、ガリレオの遺産というのが、実は、星月がしていたペンダントらしい、ってのも判明したわけだけど……
そうすると、スケッチ探しの旅ってどーなるの? 実は、「青い鳥」っぽいオチ?(ぉぃ) それでは済まないだろうしなぁ。

ガリレイドンナ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]ガリレイドンナ 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2014/01/15)
日高里菜、大久保瑠美 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




http://zaregoto2nd.blog95.fc2.com/blog-entry-2129.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2369.html
http://craft89.blog105.fc2.com/blog-entry-820.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 3

この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ第6話感想。
  • 困窮極まった時、最初に失われるのは礼節の心。 とは言え少々端的に過ぎやしませんか(汗) 以下、ネタバレします。ご注意を。
  • 2013.11.15 (Fri) 20:06 | 戯言日記2nd
この記事へのトラックバック
  •  ガリレイドンナ 第6話「ガリレオテゾロ」
  • 「見つけたぞ、ガリレオテゾロ」 ブラックガニメデ団とロベルトの対立に巻き込まれた星月たち! ロベルトの生い立ちが明らかに…    【第6話 あらすじ】 葉月の薬を頂戴するために忍びこんだ病院。そこにはシシーニョとロベルトが対峙していた。交戦して相討ちになり不時着したのだ。激しいブリザードの中電力が切れ、わずかな自家発電のなか、建物に人々の不安が充満していく。 今回はロベル...
  • 2013.11.15 (Fri) 20:21 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック