FC2ブログ

(書評)とある飛空士への誓約3

著者:犬村小六

とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 3 (ガガガ文庫)
(2013/07/18)
犬村 小六

商品詳細を見る


バルタザールが卒業し、三回生となった清顕。数々の模擬空戦を通し、イリアとの距離を縮める一方、自らの殻に閉じこもるミオとの関係は迷走する。そのような中、ペアで挑んだ索敵訓練の中、二人は被弾、負傷してしまい……
前巻で早くも、仲間たちの中にいる「裏切り者」が誰なのか? というのが読者には判明したけど、早くもその人物の存在が明らかに。その展開、ベタだけど、でもだからこその苦しさが……
ぶっちゃけ、冒頭の文章でもバレバレだと思うし、それを隠しておくと文章が書きづらくてかなわないので思いっきりネタバレで書きます。はい、紛れ込んだスパイは2人。ライナとミオです、と。
幼い頃からスパイとして育てられたハチドリことライナ。彼は、最初から決意をもっての潜入であり、割り切った人間。一方、ミオは、と言えば、ウラノスの空襲によって両親を喪い、貿易商である養父に引き取られ、不自由のない日々を送っていた。幼い頃から、清顕に恋心を抱いていた。しかし、その父は、貿易の中での情報漏洩に加担し身動きが取れなくなっていた。そして、そのことにより、彼女自身もスパイにならざるを得なく……
裏切り者である、という自責の念にとらわれ、動けなくなるミオ。そして、それを咎めるライナ。しかし、それは外部からは、ミオとライナが仲良く……という風に見え、ますます、距離が離れてしまう。その中で……
最初に書いたけど、展開そのものは結構、ベタな感じではある。でも、何も知らない清顕と、決意を秘めたミオの温度差。そして、思いの一端を遂げながらも、あくまでも、自分自身の中で収める。その辺りの心情がしっかりと描かれているので惹きつけられる。
最後、自決しようとしたミオを押しとどめたライナの言葉。これって、残酷な生き方を強いるんだけど……でも……と思える。結構、早い段階で、1巻冒頭に示唆されていたものが明らかに。その意味で、今後の示唆はほとんどなくなっている。ということは、今後、どーなる?

No.3308

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



COMMENT 0