(書評)疾風ロンド

著者:東野圭吾

疾風ロンド (実業之日本社文庫)疾風ロンド (実業之日本社文庫)
(2013/11/15)
東野 圭吾

商品詳細を見る


強力な生物兵器を雪山に埋めた。雪がとけ、気温が上昇すれば、容器が破壊され、周囲は惨劇に見舞われる。そうなってほしくなければ、3億円を支払え。泰鵬大学医科学研究所へと届いた脅迫文。ところが、その脅迫者は、直後に交通事故で死亡してしまう。その回収を命じられた研究員・栗林は、息子とともに、それが隠されたと思しきスキー場へと向かうのだが……
『白銀ジャック』と同じく、実業之日本社文庫書き下ろし作品。そちらで登場した人物が本作でも登場するなど、つながりもある。
物語は、冒頭に書いたように、雪山に隠された危険な炭疽菌を回収するために、栗林が奮闘する、という話。脅迫状に添付された写真からどこに隠されたのかを探すため、スノボー好きな息子に協力を頼む。そして、そのネットワークで発見すると、その息子とともにスキー場へ。ところが、栗林は大昔にスキーをちょっとやっただけの全くの素人。しかも、どうやら、栗林らから、その炭疽菌を奪い取ろう、という存在も見え隠れして……と繋がっていく。
犯人が誰なのか? とか、そういうところは、はじめから明らかだし、ひっくり返しとかそういうのをメインに沿えた作品、というわけではない。その中で、スキー、スノーボードの持つ疾走感であり、また、奪い取ろうとする側との攻防であり、という部分を強調した作品と言えるだろう。(文字数が少ないのも確かだが)テンポの良さは折り紙つき。そこで最後まで読ませる作品といのは確か。
ただ……なんか、シリアスなのか、ギャグなのかどっち付かず、という印象。栗林の上司の行動とか、はたまた、炭疽菌を奪いとろうとする存在とか、あまりにもやり方が杜撰。やりとりも、しょーもない子供、という状況。かといって、ギャグとして笑えるくらいに昇華されているのか? というと……。著者の作品だと、『怪笑小説』とか、『あの頃ぼくらはアホでした』とか、読んでいて笑ってしまうようなユーモアを感じるものがあったのだが、本作はそれと比べると滑っているとしか……
ギャグとも、シリアスとも付かない、どっちつかずな作品という感じで、著者の作品の中ではイマイチかな? と思う。

No.3333

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

COMMENT 0