FC2ブログ

蟲師 続章・第4話

「夜を撫でる手」

山中、突如、甘いにおいを感じたギンコ。そして、そのまま動けなくなった彼の前に一人の男が現れる。男の「人間か。見逃してやるよ」の一言で、開放されたギンコは、翌朝、近くの村を訪れるのだが……

「精のつくものを」と村の市場で干し肉を求めるギンコ。
唯一、その肉を売っている少年の肉は、何か腐ったような匂い。その少年の兄は、ならばすぐに狩って来るというのだが、その狩りの方法は……

前夜、甘い匂いで動けなくなったギンコ。
それは、男・辰の力。動物を、獣を意のままに操り、それで殺すことが出来る。その源は、コウキになれなかった蟲・フキの力。
普通は、ただ腐敗を続けるだけ。しかし、ごく稀に、その力を見に宿し、操ることが出来る人間が現れる。だが、その力を使えるのはまれだし、血を通して伝わるそれは、操れないものには毒となり、命を短くさせるだけ。
辰の弟・卯介は、まさにそちらでしばしば血を吐いていた。
薬となる、コウキを飲めばそれは回復できるというのだが……

「蟲はただ、そこにいるだけ。それをどうするのかは人間の問題」
「獣もまた、山の一部に過ぎない」

今期のテーマがそれに近いと思うのだけど、ある意味、今回はそれを極端に描いたのかな? と感じる。
力を得たことで、文字通り「山の主」とも言えるような存在になった辰。それを誇示するかのように無益な殺生を繰り返していた。蟲となって消えてしまった辰の父のように……
それを自覚しつつも、しかし、とめどなくなりつつある辰。
そんなとき……

力のあるときは、そのまま他が従う。
しかし、山の一部、である以上、獣である以上、それは永遠には続かない。そして、力がなくなれば狩る側から狩られる側へ。
それが山の掟。自然の掟……

正直なところ、鳥に襲われたシーンでは、そのまま……というのも頭をよぎった。
その意味では、まだ救いのあるエンディングかも。
でも、今回のエピソード、これまでのシリーズの中でもかなり後味の悪いものだと思う。

蟲師 続章 一(完全生産限定版) [Blu-ray]蟲師 続章 一(完全生産限定版) [Blu-ray]
(2014/07/23)
中野裕斗、土井美加 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村





http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1939.html
http://seigenjikan.blog2.fc2.com/blog-entry-3170.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2481.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/04/tokyomx42504-51.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-1691.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 6

この記事へのトラックバック
  •  アニメ「蟲師 -続章-」 第4話 夜を撫でる手
  • 蟲師 続章 一(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/07/23)中野裕斗、土井美加 他商品詳細を見る 闇がこんなに、恐ろしいとは。 「蟲師-続章-」第3話の感想です。 山で一人。 (物語をなぞりつつ、感想など) 獲物を狩る手。 あまり後味の良くない話ではあるのですが、蟲師の中ではイチオシしたい話の1つです。 バッドエンドではなく、ちゃんと救いはあったのが幸い。非...
  • 2014.04.26 (Sat) 16:26 | 午後に嵐。
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  蟲師-続章- 第4話 『夜を撫でる手(よるをなでるて)』
  • 兄が親父のようにならなくてよかった! 一期一話のレンズ婆ちゃんみたいなものかな? レンズ婆ちゃんは、意識あったけど。 ・山の王にでもなったつもりか あの山にもヌシはいただろうに、何か行動を起こさなかったのかな。 人間が真似事するぐらいなら、どうってことないのか? 蟲師のギンコの体を縛るような力って怖いな。 ギンコの蟲師としての知識で、何とかならないのかね? あの力で人...
  • 2014.04.26 (Sat) 19:57 | 制限時間の残量観察
この記事へのトラックバック
  •  蟲師 続章 第4話「夜を撫でる手」
  • 「掌に目玉の様な痣があるだろう  それは腐酒というものに侵されてる印だ」 夜の山で出会った意のままに獲物を狩る者―― 腐酒に侵され変わっていく辰を心配する卯介    【第4話 あらすじ】 夜の山中、道具ひとつ使わずに狩りをする者があった。 己の意のままに生命を摘み取り弄ぶ"それ"は──"ヒト"と"蟲"の境に在る、脆弱なる"モノ"。 日が暮れた山中で濃い果実酒のようなニ...
  • 2014.04.26 (Sat) 20:13 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
  •  蟲師 続章 TokyoMX(4/25)#04
  • 第四話 夜を撫でる手 公式サイトから夜の山中、道具ひとつ使わずに狩りをする者があった。己の意のままに生命を摘み取り弄ぶそれは──ヒトと蟲の境に在る、脆弱なるモノ。 山で甘い匂いを嗅ぐギンコ。甘いから酸えた匂いに代わる。人影を見る、動けなくなる。人間?見逃してやる。 動けるようになる、匂いも消える。村で食料を探す、乾し肉は無いのか?少年が乾し肉を販売していた。しかし臭い、新鮮な肉は無いのかい?...
  • 2014.04.27 (Sun) 20:11 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック
  •  蟲師 続章 第4話
  • ギンコ(CV:中野裕斗)は、夜の山の中で、光酒のようなニオイを感じます。 しかし、やがてそのニオイは腐臭へと変わって行って、ギンコは何者かに声を掛けられるのでした。 その者は、ギンコが人だと分かると去って行きます。 翌朝、ギンコは市場で買い物をしていました。 そして、干し肉を売っている少年・卯介のところへ行きますが、どうも肉は臭いらしいw 家に行くと新鮮な肉があ...
  • 2014.05.01 (Thu) 14:10 | ぷち丸くんの日常日記