蟲師 続章・第6話

「花惑い」

桜の名木があると聞き、そこを訪れることにしたギンコ。途中、「どんな病をも直す薬」を作る男の元へ向かう娘に道を教わるのだが、桜は咲いていない。そして、その桜のそばに倒れる美女を発見する。その美女は、薬を作る男、本職は庭師の男の親族というのだが……

娘・サホは目と耳が不自由。それは、その桜につく蟲を口にした結果。
蟲は、植物の花を美しくさせるが、それを人間が口にすると五感を喪う。
そして、薬を作る男は、その蟲を薬と称して人々に渡していた……

なんか、今回は壮大な……変態一族の物語?(ぉぃ)

男が語ったのは、その娘・サホがどういう経過でその家で暮らすことになったのか? というもの。
80年前、男の曽祖父が桜の虚で見つけた赤子。その赤子は、食べるものが無く、桜の汁、即ち蟲を口にしていた。そして、赤子は、それ以外を口にしようとはしなかった。
そして、その赤子は、十数年が経ってもまだ赤子のままだったという。
蟲は、動物をも長寿にする力を持っている!? 男の家で蟲について綴られた書を確認することにするギンコ。しかし、その頃、サホは血を吐き、苦しんでいた。それを見た男は、ギンコを案内した娘に対して……

身体が持たなくなったら、娘の首を切り、サホのそれと挿げ替える。差し木と同じといえばそうなのだけど、その時点で、凶器そのものだよな。
実は、サホを拾ったのは曽祖父ではなく、8代前の祖先。80年どころか、数百年単位で、代々、そうやってサホをいつくしんできた。まるで、桜の巨木と同じように……

今期の蟲師って、ただその本能に従って生きている蟲と、それによって振り回される人間、という話が貫かれている感じなのだけど、それを最も凝縮したのが今回の話じゃないかと思う。美しい娘を、先祖代々、文字通り「植物と同じように」愛でる、というのだから……
それだけ、娘が美しかった、とか、そういうことも言えるんだろうけど……
全く救いの無い終わり方といい(桜が燃え残ったのは救い?)、かなりインパクトの強いエピソードだった。

蟲師 特別篇 日蝕む翳蟲師 特別篇 日蝕む翳
(2014/04/23)
漆原友紀

商品詳細を見る


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村


http://brook0316.blog.fc2.com/blog-entry-4212.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2489.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-3419.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1947.html
http://ameotokops.blog.fc2.com/blog-entry-488.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2014/05/tokyomx50906-c1.html
http://blog.livedoor.jp/hachimitu_nene/archives/51922367.html
スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 8

この記事へのトラックバック
  •  「蟲師 続章」第6話
  • 桜と、男と女… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405100000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】蟲師アニメ放送順セレクション(宴編) [ 漆原友紀 ]価格:490円(税込、送料込)
  • 2014.05.10 (Sat) 05:53 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  蟲師 続章 第6話「花惑い(はなまどい)」
  • 第6話「花惑い(はなまどい)」 花に魅せられ、花に狂った男達の物語。 桜の銘木があり、ひと目拝んで行こうと思い立ったギンコ。 前を歩く娘に道を尋ねる。娘は病の母のために薬を分けてくれるという家に行くために山向こうからやって来た。 しかし件の桜は花をつけておらず空振り。 目的の家へ向かう娘が振り返ってギンコに手を振る姿が可愛いなぁ。 この仕草だけで娘のパーソ...
  • 2014.05.10 (Sat) 12:44 | いま、お茶いれますね
この記事へのトラックバック
  •  アニメ「蟲師 -続章-」 第6話 花惑い
  • 蟲師 愛蔵版(7) (アフタヌーンKCデラックス)(2014/04/23)漆原 友紀商品詳細を見る すぐに、新しい体をあげるから。 「蟲師-続章-」第6話の感想です。 接ぎ木。 (物語をなぞりつつ、感想など) 生きながらえさせるために。 ぞくりとさせられた今回は、なんとも救いのない話だったように思います。 ※Freeイベで京都へ行くので、至極簡潔に。
  • 2014.05.10 (Sat) 14:34 | 午後に嵐。
この記事へのトラックバック
  •  蟲師 続章 第6話「花惑い」
  • 「物心ついた頃 彼女は既に庭の離れに住んでいた そして今も 変わらぬ美しさでそこにいる」 花に魅了された一族 木霊が宿った木は長く生き美しい花を咲かせる   【第6話 あらすじ】 枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。 それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。儚き花──咲き誇るは誰が為に。 旅の道すがら桜の銘木があると聞き立ち寄る事にしたギンコさ...
  • 2014.05.10 (Sat) 19:59 | WONDER TIME
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  蟲師 続章 TokyoMX(5/09)#06
  • 第六話 花惑い 公式サイトから枝先に溢れる無数の彩りは、ヒトを魅了する春の美景。それを欲して止まぬ者は、いつしか禁忌に歩み寄る。儚き花──咲き誇るは誰が為に。 物言わず風雪に耐え咲きこぼれるものたちよ。物心ついた時から庭の離れで暮す女性。 桜の銘木がこの辺りにあるはずだとギンコ。少女に出会って道を尋ねる。彼女は山向うから母親のために痛み止めを求めに来た。桜の銘木の側に薬を販売しているらしい。...
  • 2014.05.11 (Sun) 21:25 | ぬる~くまったりと
この記事へのトラックバック