fc2ブログ

(書評)「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!

著者:NATROM

「ニセ医学」に騙されないために   危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!
(2014/06/25)
NATROM

商品詳細を見る


医学のふりをしているが医学的な根拠のない「ニセ医学」。このニセ医学は、人の健康に悪影響を与える、というものもあるし、それ自体は悪影響を与えないが、必要な医療行為から遠ざけてしまう、というものもある。勿論、医療そのものにも様々な問題はある。しかし、それでもニセ医学よりはマシである。そんな「ニセ医学」の例を挙げ、それがどのように問題なのかを説明する書。
ということで、健康法や医学論、30例を取り上げて解説している。
うーん……ちょっと悩ましい書だなぁ……。読んでいて、まず、そんなことを思った。
まず、私はこの本というのは具体的な「ニセ医学」の例を取り上げているが、それらを使って「考え方」を紹介する本であると思う。
例えば医薬品。「ニセ医学」の中では、しばしば、現代医学の医薬品は、副作用などの弊害がある。それよりも、こちらの方がよい、というようなことが言われる。勿論、医薬品には副作用がある。しかし、少なくとも医薬品として認められているものは、様々な研究などが「これだけの効果がある」「こういう副作用がある」ということが実証されている。そして、医師はそのメリット・デメリットを考え、どちらも承知の上で使用するかどうかを決める(無論、医師の判断ミスだって起こり得るわけだが) 対して、ニセ医学のそれはそもそも効果があるかどうかすら疑わしい。同様に、副作用の可能性だってある(食品だって、様々な影響を身体に与える) つまり、効果、副作用の有無すらまともに証明されていない、ということになる。
また、サイトなどで「こんな効果がある」と体験談が載っていたとして、何の証拠にもならない。そもそも、人間には自然治癒能力が備わっているから何もしないで回復することだってある。それで回復した、とはいえない。しかも、、上手くいかなかった例は載せられない。ただ都合のよいものだけが載せられているだけである、というのはその通りだろう。
何よりも、ここで取り上げられているような「ニセ医学」が実際の医療の現場などで広まらない、というのは、医学会の陰謀……などよりも、そもそも、それに効果が認められないからだ、というような基本的な主張というのはおっしゃるとおりだろう。そういうところで、非常に意味のある本だと思う。
では、何が「悩ましい」と感じるのはどこか?
それは、しばしば、著者の予想、想像のようなものが含まれること。例えば、「ニセ医学」において、しばしば「万能薬」が騙られることの理由として、「顧客をできるだけ多くしたいからであろう」と述べる。多分、そうだろうな、とは思う。思うのだけど、これもまた、それぞれの論者によって理由が違うことはあるだろうし、何よりもエビデンスがない。特に、実在する団体とか人物とかを出しているだけに、そういうことを言うのならばエビデンス(著書の中で、こういう発言をしていた、など)を示さないと著者が批判している「陰謀論」と同じになってしまう。メインのところで、十分におかしな部分、標準医療というものが最低限の基準はクリアしているものである、というようなことを示せているのだから、それ以上をエビデンスのない背景考察とかをいれ、隙を作る必要はなかったんじゃないかと思うのだ。却って反発を覚えさせてしまうのではないか? と思えてならないのだ。その辺りに悩ましさ、を感じずにはいられなかった。
最後に……。書評サイトなどを見ているとしばしば、「NATROM」という匿名ではなく、本名で、とか言う批判があったのだけど……それって、凄くどーでもいいことのような……。世の中には、ライターとか、記者とか、作家とか言われる人は多くいるけど、その中で、本当に本名で活動している人ってどの程度いるのだろう? 一見、普通の名前に見えるけど、実はペンネームという人は珍しくも何ともない。匿名だからダメ、という人は、そういったライターたちも、それを持って批判をするのだろうか? と思えてならない。

No.3512

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト



COMMENT 0