fc2ブログ

(書評)禁忌

著者:フェルディナンテ・フォン・シーラッハ
翻訳:酒寄進一


禁忌禁忌
(2015/01/10)
フェルディナント・フォン・シーラッハ

商品詳細を見る


名家に生まれ育ったゼバスティアン・フォン・エッシュブルク。文字のひとつひとつに色を感じる共感覚の持ち主である彼は、長じてベルリンにアトリエを構え、写真家としての名声を手にする。しかし、ある日、若い女性を誘拐したとして逮捕されてしまう。敏腕弁護士であるビーグラーはエッシュブルクの弁護のため、法廷に立つが……
ううむ……感想が難しい作品である。何となく、物語を読んで感じたものはあるのだけど、100%、作品を理解しきっているのか? と問われるとそんな自信が全くないからである。
冒頭に書いた粗筋だと、いきなり法廷ミステリが始まるような印象になると思うが、物語前半の「緑」の章。これは、エッシュブルクの生い立ちから、写真家としての成功まで、という反省を描いた章である。名家、とは言え、その名声は落ちぶれつつある家庭。両親の関係も冷える中、寄宿舎学校で読書をして過ごす。そのような中、父が不可解な死を遂げる、という事件を挟みつつ。
そして、「赤」の章で、警察視点でエッシュブルクが逮捕される、というシーンが挿入され、そして、「青」の章で、ビーグリー視点でその裁判が行われる。
警察によるエッシュブルクに対する暴行疑惑。さらに、血痕はあるが、しかし、そもそも誰がエッシュブルクによって逮捕されたのかわからない状況。そのような中でエッシュブルクの有罪を確定させたい検察側。何かを隠しているエッシュブルク本人……
「罪」とは一体何なのか? 「正義」とは何か? 何が大事なのか? 法廷の中でのやりとりによって現れるそんな問い。そして、エッシュブルクは何を問おうとしていたのか……? 明らかになる真相から、幼少時代の父の死とか、そういうものの影響を感じることが出来る。出来るのだけど、多分、こうじゃないかな? という予測レベルでもあってちょっと悔しい(笑) でも、ある意味、法律という一種のルールが「これは罪」「これはそうじゃない」と決めているのだけど、その範囲内で全てが収まるわけではなく、法廷でのやり取りのようなブレも生じる。そういうものごとの裏表……
訳者によるあとがき。はたまた、これを書く前に見た各種サイトなどの反応を見ても、「?」と言う部分が多く、私もそれに近い部分がある。でも、そういうモヤモヤの中で考えさせる、というのがこの作品の魅力ではないか? とも思ったりする。

No.3663

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  男、事件、裁判、真相、
  • 小説「禁忌」を読みました。 著者は フェルディナント・フォン・シーラッハ お好きな作家さん、シーラッハの新作です 前作で初長編でしたが、今作も前作よりも長めの作品となり とはいえ、240ページちょっとですが・・・ いや〜 今作はちょっとより深くなり 純文学...
  • 2015.05.22 (Fri) 22:50 | 笑う社会人の生活