FC2ブログ

(書評)密室の鍵貸します

著者:東川篤哉

密室の鍵貸します (光文社文庫)密室の鍵貸します (光文社文庫)
(2006/02/09)
東川 篤哉

商品詳細を見る


烏賊川市立大映画学科4年の流平は、映画会社に勤務する先輩・耕作の家で映画を鑑賞していた。だが、密室状態の家の中で先輩はナイフで刺されて絶命。しかも、同じ夜、元恋人の由紀まで何者かに殺害されていて…。
うん…なんていうか、非常に素直な本格モノだな、というのがまず第一。
自分以外は誰もいない部屋で殺された先輩。勿論、自分は犯人ではない。しかし、そう言っても信じてくれる人はいない。しかも、同じ頃、元恋人まで殺されている。何とかしなければ…。
導入部の展開がまず、ちょっと意表をついたところから、巧く物語に入り込んでいくことが出来た。密室の解明、真相の解明、流平の無実の証明。警察に追われながら流平と、その義兄である探偵・鵜飼が調査をしていく。
こういう展開だと、それをどういう風に描くか、というのも大きいのだけれども、非常に飄々とした、というか、軽い文体でテンポ良く進んでいく。実のところ、トリックそのものはある程度、読んでいる側からすれば予測できるものだし、また、多少、偶然に頼ったりしていて強引な部分もある。あるのだけれども、テンポの良さと文体によって目立たなくなっている。これは武器だよな…とつくづく感じる。
欠点がないわけではないのだけれども、楽しく読むことが出来た。

通算1227冊目

にほんブログ村 本ブログへ



スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  密室の鍵貸します
  • 密室の鍵貸します 著:東川 篤哉  発行元(出版): 光文社 ≪あらすじ≫ しがない貧乏学生・戸村流平にとって、その日は厄日そのものだった。彼を手ひどく振った恋人が、背中を刺され、4階から突き落とされて死亡。その夜、一緒だった先輩も、流平が気づかぬ間に、浴室で刺されて殺されていたのだ!かくして、二つの殺人事件の第一容疑者となった流平の運命やいかに?ユーモア本格ミステリの新鋭が放つ、面...
  • 2019.08.21 (Wed) 20:38 | 刹那的虹色世界