FC2ブログ

(書評)マスカレード・イブ

著者:東野圭吾



ホテル・コルテシア大阪でフロント業務を担当する山岸尚美。彼女は仕事柄、様々な人々の仮面を見る。一方、東京で刑事になったばかりの新田は新人となめられないよう業務に励む……
という『マスカレート・ホテル』の前日譚の短編集。全4編収録。
うーん……こういう言い方をすると何だけど、スピンオフ作品というか、『マスカレード・ホテル』のファンブックとか、そういう感じの位置づけになるように感じる。はっきり言って、これ単独ではあまり面白いと思えない。特に、新田を主人公とした2編目辺りは……
1編目は、尚美の前に現れたかつての恋人・宮原。彼は、実は不倫をしており、その相手が突如消えてしまった、という……。ホテルマンは、相手に仮面があることを知っている。しかし、その仮面をはがしてはいけない。真相を理解しつつ、しかし、それでも明らかにはしない……という鉄則が強く感じられる。
2編目は、刑事となった新田が、初めての事件に遭遇する話。先輩刑事に色々と言われつつも、そのヒントから事件の手がかりを掴む。しかし、苦い結末……と完成度は高い。ただ、ぶっちゃけ、前作の印象が強かったからこそか、薄味な印象。
3編目は尚美の勤めるホテルに人気作家が缶詰になる、という話。しかし、そこには、その作家を追いかける追っかけたちが来て……。一応、真相は、というものはあるんだけど、どちらかと言うと、どうやって作家を隠すのか、ということを奔走するドタバタ劇的な印象。ある意味、こちらもホテルマンとしてはありえる話なのかな? と感じる。
そして、尚美、新田、双方が実は過去に関わっていたことがある、という4編目にし、表題作。
殺された大学教授。そして、最も有力な容疑者は、その教授と共同研究をしていた准教授。しかし、事件の日、彼はとある女性と一緒にいたが相手は明かせない、という……。前作の前に……という繋がりの部分。ミステリ作品ではしばしば見るトリックを上手く料理している点など上手さはよくわかる。ただ、なんか新田、彼とコンビを組む女性警官が好きになれなかった。
……というか、収録されている4編。全てにおいて、最終的に「女性は怖い」という印象になるのはなぜだろう?(苦笑)

No.3720

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



COMMENT 0