FC2ブログ

(書評)深山の桜

著者:神家正成



日本から1万2000キロほど離れた国・南スーダン共和国。国連平和維持活動として日々、汗する自衛隊。しかし、そんな中で、ものが盗まれるなどの小さな事件が頻発していた。そのような中、定年間近の准尉・亀尾は隊暦の浅い士長・杉村とともにその調査の任に当たる。だが、そんな調査とは裏腹に、今度は小銃弾が消える、という事件が起こって……
第13回『このミス』大賞優秀賞受賞作。
丁度、これを読んでいるタイミングにおいて、国会では安保法案の議論で、合憲・違憲というようなやりとりが活発に行われている。本作の中で、次々に拡大する自衛隊の活動範囲。しかし、その行動を制御する法律の整備は追いついておらず、自衛隊員は報われない状況に陥っている。そんなテーマ性は今だからこそ、問われるべきことだと思う。
ただ、何か展開のさせ方がちょっと拙い感じ。
序盤は、状況説明というのはあるのだろうが、淡々とスーダンでの日常が綴られる。そのような中で、銃弾消失という事件が発生し、中盤になっておネエの警務隊員・植木が登場してからは、仮説を立てて検証し、というミステリらしい展開へ。そして、一応の犯人が発見されると今度は、反政府軍の襲撃など、アクションシーンが続く中で犯人の理由、さらに主人公らの置かれた状況というのが明らかになる……
先に書いたようにテーマ性は重要だと思うし、様々な要素をこれでもかと詰め込んできた、というのはよくわかる。起承転結みたいなものがはっきりとしすぎている感じがする。もうちょっと動機とか、謎解きとか、そういうのが同時多発的に展開したほうが個人的には好み。「こいつには動機がある。でも動機は?」「こちらも怪しいが、アリバイが……」みたいに色々なところが進展するように。ところが、そのパートの違いがハッキリしすぎているために、今は「それぞれの動機を語るパートです」みたいな感じに思えてしまった。あと、序盤はやたらと出番のあった東さつきが中盤になると全く出番無しとか、ちょっとバランスの悪さも感じた。
まぁ、デビュー作だから、そういうのも仕方がないのかもしれないが。

No.3721

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



COMMENT 0