FC2ブログ

(書評)埼玉県神統系譜

著者:中村智紀



「うちの神社は今、倒産しかけてんぞ?」 高校2年の夏、進路調査票を提出しようとした白狼神社の息子・立花孝介は父の突然の告白に我が家の惨状を知ることとなる。そんな矢先、孝介が出会ったのは狼の面をつけた怪しげな女と出会う。自らを神と名乗るその女・雪花と共に白狼神社の経営を立て直すべく、寄せられた願いを叶える手伝いをするよう、孝介に要請する……
第9回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作。
神様になって寄せられる願いを叶える、系の話っていうのは結構ある。他社の新人賞受賞作でいうと『神様のお仕事』(幹著)とかが思いつく。ただ……なんか、読んでいてどことなく森見登美彦臭を感じるのは私だけだろうか? なんていうか、ちょっとしたことを妙に大仰に、回りくどく語るところとか。もっとも、その辺りも場面場面によって強く感じたり、弱く感じたり、でバラつきを感じたりするが。そして、願いを叶える、で、やっていることがしょーもないところだったりするあたりも。
暑いから何とかしてくれ、と言われて、山登りをして願いをかけるんだけど、特にこれと言った効果はなかった……とか、決してできないはずではないのに、なぜか成績が振るわない学校の生徒達。その理由を探ってくれ、で、怪しげな新聞を配る新聞部に特攻をかける、とか、そういうのが……(この辺りの新聞部ってのも、森見作品っぽい) まぁ、何がある、というわけではないけど、そのバカバカしい世界観は嫌いじゃない。それ以上に、リビングで自家発電をしようと……とかってネタ、OKなのか、と驚いたり。
ただ、タイトル、さらには序章で大々的に語っていた割に、あんまり「埼玉県」っぽさを感じないのがちょっと残念。なんか、舞台が普通の地方都市、という感じで、折角だからもっと地域色を出しても良かったんじゃないかな? そんなことを思う。
以上、平将門を生み出した土地出身者の感想でした!(ぉぃ) べ、別に、我らこそ東京なんて思ってないんだからねっ!!(阿呆)

No.3722

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



COMMENT 0