fc2ブログ

(書評)ビブリア古書堂の事件手帖6 栞子さんと巡るさだめ

著者:三上延



晴れて恋人同士となった栞子と大輔。そんなところへ表れたのは、二人が出会うきっかけともなった事件を起こした田中。しかも、依頼人として。違う『晩年』を探して欲しい、というその依頼は、署名ではないが、しかし、太宰直筆の書き込みがあるのだという。本を追う中で出会う47年前の稀覯本の盗難事件。そして、そこには、二人の祖父母が関わっていて……
物語は、いよいよ煮詰まってきたなぁ、というおがまず、何よりもの感想。
物語のメインとなるのは、田中からの依頼による稀覯本探し。そもそも、その稀覯本はどういうものなのか? そして、47年前、その中でヒントと思われるのが、完全な密室のはずであった蔵からどうやって稀覯本は盗まれたのか? 犯人は? というのをメインにはしている。でも、読み進めていると、だんだんとそこがオマケのように感じられてくる。
とにかく、読んでいて思うのが、それぞれの登場人物たちの因縁。稀覯本を巡り、多くの古書店が関わっており、その中でのいざこざなども数多くある。そして、そこには、栞子や大輔らの祖父母も関わってきている。そして、そこから、彼らの出生の秘密にまで……
正直なところ、この作品に出てくる人物の思考回路に共感できないところはある。
いや、部分部分ではわかるんだ。自分自身、コレクター癖みたいなものがあるから、稀覯本を集めたい、という気持ちはわかるし、それが強くなれば何をしてでも……というのもあるだろうと思う。勿論、金銭欲だってあるし、これを読みたい、なんていうのもある。今回の黒幕とも言うべき人物のような劣等感と出世欲(?)みたいなものも理解できる。ただ、それぞれが全て集まると……そんな感じを覚えてしまう。
ただ、今回、田中が再登場したことからもわかるようにこれまでの物語が原点に返って真相が明かされ始めた感じ。かなりごちゃごちゃとした人間関係の中で、次巻が最終巻とのこと。この中で二人がどういう結末を模索するのか、というのが見所になるんだろか。
……あ、太宰についての話は一切触れなかった(笑) ま、いっか(笑)

No.3738

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

http://ylupin.blog57.fc2.com/blog-entry-9152.html
http://ai-mugi.blog.eonet.jp/aimugi/2015/01/post-43e0.html
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  ビブリア古書堂の事件手帖 (6)/三上 延
  • 三上延さんの「ビブリア古書堂の事件手帖」の第6巻を読み終えました。 前巻の終わりで、栞子に重傷を負わせた田中敏雄が保釈されて、栞子が燃やしたと偽った太宰治の「晩年」を再び狙っていることが匂わされました。そして、物語の冒頭では、なぜか物語の語り手である五浦大輔が負傷して病院に入院しています。そこに栞子の母・智恵子が訪れました。ここから物語は、大輔が智恵子にことの経緯を説明する回想へと突入...
  • 2015.07.05 (Sun) 16:35 | 日々の記録