FC2ブログ

(書評)ガーリー・エアフォース3

著者:夏海公司



グリペンらとの忙しい日々を送る慧。数少ない休日を、家族でもある明華と過ごそうとした矢先、八代通に強引に厚木へと連れ出されてしまう。米軍厚木基地、そこで慧が顔を合わせたのは米軍所属のスーパーホーネットのアニマ・ライノ。そして、その米軍と共にザイへの反攻作戦が決行されることになり……
前巻で「ザイという存在は……」という一つの仮説が示され、そして、今回、そのアニマについての謎が一気に噴出してきた、という印象。
そもそも、冒頭から慧が奇妙な夢を見るところから始まる。漂白されたような街。そして、普段とは違った様子のグリペン。そして、それと時を同じくするように謎の体調不良を訴えるグリペン。そして、そのような中で決行された反攻作戦。その最中……
元々、何か怪しげな雰囲気を醸し出しているライノだから、今回の行動は何となく予想がついたことなのだけど、その一方で、なぜグリペンが慧と共にいると安定するのか? とか、ザイは慧の行く場所を目指しているのではないか? なんていう疑惑についてのヒントがかなりバラ撒かれたのは確か。直接的な回答にはならないけれども、「こうだから?」というものがおぼろげながら見えてきた感じ。
その一方で、日米共同での反攻作戦。ここに、ある種の国際政治的駆け引きが出ているのが印象的。
反攻作戦だから、勿論、ザイから地域を奪い取れればOK。しかし、仮に奪い取れずとも日本にあるアニマの数を減らせれば、アメリカの立場を強くすることが出来る……。この辺り、前回のエピソードのファントムの考え方に近いのだけど、それをいきなり大掛かりにやられるとは……
でも、前巻から言っているのだけど……
明華の扱いの酷さはどーにかならんのか?
と。今回も、折角のデート……と思ったところで、八代通に慧を奪取されるとか、酷すぎる(笑)

No.3787

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://firstsnow2.jugem.jp/?eid=1145
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  夏海公司 『ガーリー・エアフォース?』
  • JUGEMテーマ:読書感想文    ◆  ガーリー・エアフォースシリーズ     JAS39−ANM Gripen の遠い記憶の中に    あるものは、果たしてザイによる洗脳なのか?    それともザイだった頃の記憶なのでしょうか。 ...
  • 2015.11.21 (Sat) 00:57 | こみち