(書評)クズが聖剣拾った結果3

著者:くさかべかさく



何のかんので共に行動することが多くなった来栖と和佐。苅羽も加えた3人で海水浴に行くことに。大人気スマホゲームのイベントに参加したり……。そんなとき、中学時代の苅羽に恋のトラウマを受け付けた少女・毒島と再会する。当時とは見違えるような巨乳美少女となった毒島に、天体観測に誘われて……
シリーズ第3作目にして、ある意味、本物のクズが来た! と言う感じ。いや、タイトルには「クズ」とあるけど、来栖は「残念な娘」って感じだし、和佐は別に「クズ」ではなくて、むしろ、来栖辺りに振り回されて苦労している人っていう感じだし。まぁ、公務員コンビはアレだけど、今回、あまり出番ないし……
そんな中での新キャラ・毒島さん。彼女は酷いわ(笑)
海水浴で再会した毒島さん。彼女に誘われ、勘違いしてしまう苅羽。完全に暴走している辺り、いきなりキャラ崩壊しているんだけど……(笑) が、そんなとき、スマホゲームのデータがなぜか本物の魔物として実在化してしまって……。
ネタバレしちゃうけど、彼女は実は異世界の研究者で、スマホから表れた魔物は、魔力を移送し、再現させるという彼女の研究成果によるもの。それだけなら、別に問題ないのだけど、公務員コンビたちがいた世界ではダメといわれたから現代にやってきてそれをやる。しかも、間違って送っちゃいけないものを送ってトラブルを起こす。挙句に暴走する……それ、色々とクズ過ぎるやろ? まぁ、異世界ではダメだけど、こっちの世界なら……っつー異世界の連中全体が……って噂も無きにしも非ず、とは言え……
過去の2作と同様に毒島さんの置かれた状況に同情するべきところがあるのは確か。でも、来栖って、別に周囲に迷惑をそれほどかけてはいない(和佐&苅羽は困ってるにせよ) 和佐について、むしろ、迷惑をかけられている立場。対して毒島さんはなぁ……。「それはそれ、これはこれ」って感じ(苦笑)
と、何かネガティヴな表現になってしまったのだけど、相変わらずギャグのキレとかは見事で楽しい。先に書いた暴走している苅羽とか、これまでにない展開で新鮮だったし。そんな中で、新キャラの毒島さんがどんなキャラなのかを書いていたら……ネガティヴな感じになってしまった、というだけ。今更ながら、書き方の方向性を間違った気がする。
ということでいつも通り、ギャグ主体で楽しめるはずなので、安心してください。
……にしても、毒島さん、思い切り和佐さんをちゃかしたりで……ますます、和佐さんの気苦労が増えそうで……ご愁傷様です。

No.3799

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0