(書評)誓約

著者:薬丸岳



愛する妻子に囲まれ、仕事でもレストランバーの共同経営者として順調な日々を送る聡。そんな彼の元に届く1通の手紙。「あの男たちは刑務所から出ています」 封印した過去、記憶が蘇る……
一応、テーマは著者らしく司法に関するもの、ではあるんだけど……社会派というには色々と弱い。そもそも、無期懲役は十数年じゃ仮出所できないし。
ただ、その一方で、純粋なサスペンス作品として楽しむことが出来た。
一応、ネタバレと言えばネタバレになるのだけど、主人公の聡は、かつて、荒れた青年時代を送っていた。そして、あるとき、ヤクザに大怪我を負わせ、その結果、身を守るために整形し、戸籍も別人のものを手に入れ、別人として生きてきた。そして、そのとき、金を出してくれたのが手紙の名の主・坂本伸子。彼女は、2人の男に娘を陵辱された上に殺されたが、犯人は無期懲役に処された。そして、聡は、犯人の2人が仮出所した際は、その2人を殺害する、という約束をしていた……
差出人の坂本伸子は、既に死亡している。そもそも、約束をした、とは言え、殺人は……。何より、自分が罪を犯したら、妻子は……。躊躇をする聡だが、差出人からの追求は激しさを増し、愛娘を狙う、という脅迫まで出てくる。そして、その元犯人の男が殺害され、聡は容疑者にされてしまう……
死んだはずの伸子の名をかたって脅迫する相手は誰なのか? 自分の過去を妻子に知られたくない。犯罪をすることは嫌だ。しかし、過去の自分の罪が自分をどんどん追い詰めていく……。後半の、差出人を欺き、逃走をしながらも差出人の正体を探っていく辺りとか緊迫感とテンポの良さがあってどんどん読み進めることが出来た。
ある意味、主人公は身勝手な人間なのかも知れない。でも、現実問題として、前科があるとか、そういうことにより社会に拒絶されてしまう、という問題もある。その辺の背景を考えれば、ある程度は仕方がないとも思うし、また、それを悔いているからこそ相手に屈することが出来ない、という話にもなるのだし……。この感想を書くにあたって、他の人の感想を見ると、「主人公に共感できなかった」というものも散見されたのだけど、私はそれはなかったかな?
ただ、終わってみれば、登場人物が少ないなどからある程度、差出人の正体は絞られてしまうし、この流れでその綺麗な結末は出来すぎかな? とも思う。そこはちょっと減点材料かも。

No.3812

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0