(書評)その可能性はすでに考えた

著者:井上真偽



十数年前に起きた宗教団体の集団自殺。教祖が、信者の首を斬り落とした後に焼身自殺。そんな凄惨な事件の唯一の生き残りであった少女が、探偵・上苙と相棒・フーリンのもとを訪れる。それは、彼女の記憶の中にある不可思議な現象。ともに暮らしていた少年を首を斬りおとされながらも、少女を守るために彼女を抱きかかえて運んだのだという。それは奇蹟なのか? すべてのトリックが不成立になることを立証する……
かなり捻じれた物語だなぁ……
ミステリ作品において、不可解な謎を解くため、探偵たちが「こうではないか?」という仮説を立て、それを打ち消していって真相へ……という作品は数多くある。しかし、本作は、それとは逆。探偵は、トリックでは成立しないことを立証するため、敵対する相手の出してくる仮説の否定を続けていく……
とにかく、この作品の特徴なのは、探偵に挑む側は「可能性が少しでもあればいい」、言い換えるなら、「トンデモなトリックに思えたとしても可能性があるならいい」のに対し、探偵は「完全否定せねばならない」。作中でも何度も出てくるようにかなり不利な状況で物語が進展する。っていうか、実際、作中に出てくるトリックでかなり無茶苦茶なものが多いし。
その辺りを考えると、著者のデビュー作である『恋と禁忌の述語論理』の発展型といえるのかもしれない。論理学的な話の進め方、というのは同じ。一方で、前作は途中から論理学の教科書のような記述が延々と、となったのに対し、本作はちゃんと小説の中の出来事になっており、小説らしくなった、と感じる。話の落としどころも、綺麗にはまとまったと思う。
ただ、終盤に判明する探偵が「奇蹟にこだわる理由」とか、そのあたりは含めてちょっと独特の世界過ぎてついていききれなかったかな? というのもある。凄く狭い世界の中で完結しちゃっているのだもの。まぁ、それも含めて、メフィスト賞作家の作品らしくもあるのではあるが……

No.3834

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  その可能性はすでに考えた
  • その可能性はすでに考えた 著:井上 真偽  発行元(出版): 講談社 ≪あらすじ≫ 山村で起きたカルト宗教団体の斬首集団自殺。唯一生き残った少女には、首を斬られた少年が自分を抱えて運ぶ不可解な記憶があった。首無し聖人伝説の如き事件の真相とは?探偵・上苙丞はその謎が奇蹟であることを証明しようとする。論理の面白さと奇蹟の存在を信じる斬新な探偵にミステリ界激賞の話題作。 ...
  • 2018.03.24 (Sat) 12:03 | 刹那的虹色世界