(書評)俺、ツインテールになります。10

著者:水沢夢



ティラノギルティに、自らのツインテール属性を奪われてしまった総二。属性とのつながりが完全に切れてしまったら、この世に存在するレッドの写真や動画は、すべて総二に入れ替わる!? 愛香たちは、総二を誘惑し、気力を保たせようとするが……そんな中、ティラノギルティたちは、残る戦力を終結しての総攻撃を開始して……
なんか、この間読んだ『下ネタという概念の存在しない退屈な世界10』(赤城大空著)と凄く対照的な作品になってきた感じがする。どちらもすごく熱い展開ではある。ただ、『下ネタ』の場合、地の文とか、台詞とかが無茶苦茶なのに社会派小説のような問題提起がされていて、そこを打破する展開が熱い話。それに対して、本作の場合、物語の流れそのものは、王道な展開なのに、その背景にある設定がナチュラルに狂ってやがる……という感じで。
純粋なるツインテールを求める心により、肉体をも超越した存在になり、また、その属性を押し付ける存在になりつつあった総二。しかし、それは宿敵であるアルティメギルと同じではないか? そんな中で、続勢力を奪われしまう。全く、ツインテールに思いを喪ったわけではない、しかし、かつてのような煌きも感じられない。全てが無気力に……。そのような中で、、現れるアルティメギルは、愛香らが倒していくものの、しかし、だんだんと、愛香らの力も低下していって……
確かに、愛香らがツインテールにしているのって、究極的には総二という要がいるからなんだよね。愛香は純粋に総二のことを……だし、会長は、その複雑な思いを総二に救ってもらった。しかし、総二がその興味を喪ってしまったら、それぞれが、ツインテールにしている意味も揺らいでしまう……。この辺り、上手く結び付けたなぁ、という感じ。そして、そんな皆の危機。さらに、目の前にいる、ツインテールを愛している少女の危機を前に……
ツインテールへの思いは奪われても再び!
うん、熱い。熱いんだけど……なんか、台詞おかしいよ?(笑) そもそも、総二のツインテールへの想いが揺らいだのは、結局、このままでは自分自身が怪物のような存在に、ということだったのに、気合でそれを捻じ曲げてしまった感じもするし。こちらはこちらで、クライマックスが近づいてきた感じで、これをどうまとめるのだろう?

No.3850

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0