(書評)王とサーカス

著者:米澤穂信



2001年、新聞社を辞め、フリーになったばかりの記者・太刀洗万智は、雑誌の海外旅行特集の下目のためネパール・カトマンズにいた。現地の少年ガイドらと穏やかな取材を開始した矢先、王宮で国王ら王族が殺害されるという事件が勃発する。ジャーナリストとして、その場に居合わせた者として、事件の取材を開始する万智だったが、万智が取材した軍の准尉が死体として発見される。しかも、その肉体には「INFORMER(密告者)」という刻印を残して……
主人公である万智は『さよなら妖精』の登場人物、ではあるのだけど『さよなら妖精』と直接的な繋がりはない。作中、「高校時代、友人を亡くした」とそれをイメージさせる描写が少しある程度。
殺人事件、その犯人探し。物語にその要素はある。あるのだけど、この作品のテーマはジャーナリズムとは何か? その点に集約されているように思う。
作中、万智が何度も繰り返している。全てを伝えることはできない。その中で、ジャーナリストは何を報じ、何を報じないのかを取捨選択する。しかし、それは必ず偏りを生じさせる、ということでもあり、また伝えきれないところで悲劇が生じることもある。事件が起こり、ガイドの少年と会話をして……と比較的、のんびりとした雰囲気も感じるのだけど、そこでの会話など諸々が、最終的にそのテーマへと昇華されていく様は圧巻。
丁度、ジャーナリズムは? というテーマだと、少し前に『道徳の時間』(呉勝浩著)を読んだのだけど、そちらは一種の悪意を持って過去の事件を再現していく、という物語。勿論、そういう悪意を持っての取材、編集というのは勿論、歪んだ結末を作り出すのだけど、そうでなくとも……。極端な形でないからこそのリアリティがあるように感じる。
作中でのテーマとかは、個々では過去、色々と見ている。例えば、貧困地域へ抗生物質などを送ることで、幼くして死亡する子供を減らすことができた。けれども、人口爆発を招き、かえって貧しさを増やしてしまった……とかね。勿論、理屈とすれば、1つ1つ、問題を解決していくしかないのだろうけど、当事者だったら……
万智が突きつけられた現実。でも、それでも書き続ける。そして、書き続けることで、トライアンドエラーで、それを是正するようにしていくしかない。そんな彼女の覚悟も同時に感じられ、光明も見える結末は凄くよかった。

No.3852

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


http://blog.livedoor.jp/naepon0808/archives/52379621.html
スポンサーサイト

COMMENT 2

苗坊  2015, 11. 15 [Sun] 00:35

こんばんは。
「さよなら妖精」を読んだのが昔すぎて忘れかけていたのですが^^;直接は関係なかったですね。続編とも言えないような…。
ネパールでの事件はこの作品を読むまで知りませんでした。てっきりその事件についての話なのかと思ったら違いました。
万智のかかわった事件の真相に関しては読める部分もありましたが、それよりもそのあとの出来事の方が衝撃でしたよね。
今回の事件を通して万智は良くも悪くも様々な経験をしましたが、きっとジャーナリストとして強く生きていくんだろうなと思いました。

Edit | Reply | 

たこやき  2015, 11. 26 [Thu] 02:36

苗坊さんへ

こんばんは。
この作品、『さよなら妖精』の続編ではないですよね。あくまでも、関係者が出ている、というだけで……

>今回の事件を通して万智は良くも悪くも様々な経験をしましたが、きっとジャーナリストとして強く生きていくんだろうなと思いました。

強く生きていくのだろう、というか、これを経験することで、一歩、成長したのではないか、というのを思いました。
ジャーナリズム、伝えることの難しさ、限界、そして、可能性。それらを全て入れたエピソードだと思いますので。

Edit | Reply | 

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  王とサーカス 米澤穂信
  • 王とサーカス著者:米澤 穂信東京創元社(2015-07-31)販売元:Amazon.co.jp 2001年、新聞社を辞めたばかりの太刀洗万智は、知人の雑誌編集者から海外旅行特集の仕事を受け、事前取材のためネ ...
  • 2015.11.15 (Sun) 00:32 | 苗坊の徒然日記