(書評)ルパンの娘

著者:横関大



「実は今の家族は全員が警察官なんだ」 三雲華が挨拶に行った恋人・桜庭和馬の家で知ったのは、桜庭家は警察官の家系だということ。そして、それは華にとって最悪のことだった。なぜならば、華の育った三雲家は泥棒一家であったから……。そんなとき、超一流のスリである華の祖父・巌が河原で他殺体となって発見されて……
著者の作品って、結構、ご都合主義じゃないか? と思うところが多いのだけど、本作は現実味はまったくない。そして、華の祖父を殺したのが誰なのか? という謎解きはあるんだけど、どちらかというとドタバタなラブコメっぽい印象が強いかな?
物語は、冒頭に書いたように、華が恋人である和馬の家を訪れるところから始まる。自分の家が泥棒一家。そして、相手は警察。それじゃ、そもそも……。そんな悩みを抱えることになったときに、祖父が殺され、和馬はその捜査に当たる。顔を潰された死体は、指紋などのデータより、前科のあるホームレスと判明するが、しかし、何かしっくり来ない。さらに、宝石店強盗の捜査も行う中で、だんだん華の正体に気付いていって……
正直、三雲家の「泥棒一家」だけど、緻密に計画を立てて、というよりも、登場人物の技術が飛びぬけたもので何もなく簡単に成功してしまう、というもの。イメージとしてはそれこそ、アニメの『ルパン3世』とかそんな感じ。そして、盗みが当たり前で罪悪感も特に持っていない。そんな中で、華だけが唯一、常識的な考えを持っている。そんな世界設定で、だんだんと対立すべき立場になっていく和馬と華という部分が中心になるので、ドタバタラブコメという風に感じるというわけ。
いつも通り、テンポとかは良いし、ある意味、アニメとかそういうのの「怪盗モノ」のお約束を詰め込んでの話はどんどん読み進めることが出来る。ただ、現実離れしすぎているのでどうにもツッコミを入れたくなったりするところも多々。また、終盤、謎解きは結構、推測メインの力技だったような……
つまらない、とまでは言わないのだけど、個人的には乗り切れなかったかな? 他の方の感想を見ていると、評判が良いようなので、自分の感性が違うのかなぁ?

No.3867

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0