(書評)虚栄

著者:久坂部羊



立て続けに起こったガンによる著名人の急死。凶悪化したガンに対処するため、政府は「G4」というプロジェクトを発足させる。だが、外科、内科、免疫療法、放射線療法というそれぞれの専門家は、それぞれの治療法を推進するために足を引っ張り合う利権争いに発展していって……
ここのところ『悪医』、『いつか、あなたも』など、医療の現実を描きつつも落ち着いた作品を描いていた著者の新作。ある意味、それら以前の作品の、シニカルな作風に戻った感がある。
物語は、冒頭に書いたとおり、凶悪化した(ように思える)ガンに対抗するため、政府の発足させた新プロジェクトを巡り、それぞれの派閥が対立していく、という話。ここで最も成果を挙げれば、莫大な研究費などの予算が与えられる。それを手にするため、切磋琢磨する……なら良いのだけど、互いにスキャンダルをでっち上げたり、はたまた、優れた研究成果を示すために研究を「コントロール」したり……。ハッキリ言って、えげつないことこの上ない争いを繰り広げていく。そして、そのような中で、それぞれに取材していく新聞記者。彼女もまた、研究に期待しつつ、しかし、胡散臭さも感じていて……
作中のキャラクターに、山崎豊子氏の『白い巨塔』のパロディがあったり、はたまた、昨今、メディアで持てはやされている「ガンは放置しろ」論の近藤誠氏をそのまんま題材にしたような医者が登場したり……。先に書いたようなえげつない足の引っ張りの描写に、そんなものが挿入されているため、最初に書いたシニカルさ、というのがこの上なく強調されているように感じるのだ。正直、かなりドタバタな話という感じはする。
まぁ、ガン(に限った話ではないのだろうが)について、「治るときには治る」「ダメな時はダメ」というのは事実なのだろう(ただし、私は、作中でも出ているように、近藤誠氏の説はただの結果論であり支持できない立場だ) そして、そもそもガン発生のメカニズムなどにも謎などが多い。それが解明されていないのに、自分達が一番知っていて……というようなものはまさに「虚栄」そのものである、というメッセージは非常によく理解できた。その辺りは良かった。
ただ……やっぱり、著者の描く作品の登場人物は雑に死んでいくなぁ、というのを思う。登場人物の多くがガンに掛かったりってのもそうだし、その中で、治ったと思ったら交通事故で死んじゃった、とかどんな雑さだよ! って感じだもの(笑) この作品の場合、それも含めて、ギャグというか、シニカルさにしている感じはあるけど、それでグダグダな印象になってしまったものが多いだけに、気になるといえば気になった。

No.3873

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0