(書評)Aではない君と

(著者:薬丸岳



勤務中の吉永のもとにやってきた警察が告げたこと。それは、離婚した妻のもとにいる息子・翼が死体遺棄容疑で逮捕された、ということ。逮捕された息子は、警察はおろか、面会に訪れた吉永、さらには弁護士にも何も話さない。そのような中、息子を救いたい、そして、真相を知りたい吉永は……
著者はデビュー作である『天使のナイフ』から、少年犯罪を中心とした刑事司法、罪と罰といったテーマのミステリ作品を書いてきたわけだけど、本作は、ミステリとしての要素はほぼ皆無で、文字通り、少年犯罪、その中での人々の心理といったものを真正面から描いた作品だと思う。作品の内容は、これまでの作品の中でも飛びぬけて重い。ただ、リーダビリティは滅茶苦茶高い。
物語は、冒頭に書いたように、息子の逮捕、という衝撃的なところから開始する。あんなに優しい子供だった息子がなぜ? しかし、状況を調べれば調べるほど、自分は現在の息子を知らないことを知る。ただ、一方で、離婚した妻が何をしていたんだ、という怒りも湧いてくる。さらに、付添人となり、面会を続ける中で、自分の犯行を認め、しかし、反省の色を認めない息子の心理は……?
こういうと何だけど、主人公である吉永自身、結構、エゴイスティックな面はある。上にも書いたけど、そもそも、離婚していた妻は何をしていたんだ? という思い。会社にバレたら? という思い。息子が加害者であって欲しくない、加害者であっても最小限の罪であってほしい……。それって、被害者側から見れば、凄くわがままに見える。でも、それが普通の人間だと思う。
そして、「相手だって……」という息子。これも、被害者から見れば……だけど……
そもそも、シリアルキラーによる殺人とか、そういうものを除いて、基本的に犯罪者だけが一方的に悪、というようなものは存在しない。加害者には加害者の言い分があるし、その家族にはその家族に思うところがある。勿論、被害者側にも。そして、「反省」とは何か? という問題。「お前は、罪を犯したのだから」そういう風に言うことは簡単。しかし、そもそも反省したから、と言って、それだけで問題が解決するのか? と言えば、これもまた疑問。例えば、「少年法などやめてしまえ! 加害少年は全国に晒し者にしろ!」というような意見。言うのは簡単。で、その加害者は、恐らく就職も何もできなくなるだろう。そうしたら、どうなるだろうか? 仮に出所するときに心の底から悪かったと思っていても、住む場所もなければ食べるものもない、となったら……
個々のテーマは著者の過去作でも描かれていた。ただ、本作は、エンタメ作品としてのひっくり返しとか、そういう要素を極力取り払い、純粋に犯罪と贖罪、とういうものを描ききった、という作品となっている。楽しくはないかも知れない。しかし、非常に考えさせられる作品。

No.3883

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

COMMENT 0