(書評)孤狼の血

著者:柚月裕子



昭和63年。暴力団闘争が激化する広島県呉原市の捜査2課に配属された新米刑事の日岡は、優秀だが黒い噂も絶えない男・大上とコンビを組むことに。フロント企業の社員の失踪事件を担当することになるが、いきなり大上の強引な違法捜査を目の当たりにすることに。そのような大上と暴力団の対決の中、日岡が学んでいくことは……
著者の作品というと、佐方シリーズのひっくり返し、というのがまず頭に浮かぶだのだけど、本作はひっくり返しというよりも、素直にノワールというか、ハードボイルドというか、そのような作品。
とにかく、冒頭、2課に配属された日岡が大上と出会うところから印象的。自己紹介をしたら、いきなり怒鳴られ、煙草を出したら火をつけろ! と怒鳴られる。挙句には、通りがかったチンピラにイチャモンをつけて来い。どう考えても無茶苦茶。でも、暴力団員の世界は、そもそもが無茶苦茶な世界。そして、そんな存在を相手に渡り合い、生き残るにはどうするか……
強引な捜査をしつつ、暴力団との癒着というのもしっかりとある。法律、警察の倫理という一線は越えているかも知れない。しかし、抗争によって大きな血が流れるのを防ぐ。関係のない人が傷つくことは避ける。その一線は絶対に越えさせない様に行動する大上。そんな彼に従い、少しずつ、それを学んでいく日岡。そのやりとりというのが非常に印象に残る。作中、何度となく日岡に対して周囲の人が、「大上は日岡を可愛がっている」という台詞が出るのだけど、日岡目線で物語が語れつつも、読者というそこからは一線を引いた人間の目には、それが感じられた。
いよいよ抗争に、という中での大上の勝負と失踪。そして……。その結果として出てくる日岡自身の決断。
実は日岡は……というのがあるが、ひっくり返しというほどのものではないと思う。ただ、先に書いたように違法な捜査は当たり前。癒着もしているけど、しかし、その中で守るべき一線を自らの中で作り、守った大上の意思が、日岡の最後の行動につながったのは間違いない。日岡の成長……とも違う気がするけど、でも、その変化の過程というのがこれでもかと伝わってきた。
最後に、この作品の舞台が昭和63年と言うことなのだけど、勿論、昔の熱い刑事……云々と言うこともあるとは思う。でも、それ以上に、暴対法の施行とかにより、大上のような存在を描きづらくなっているから、というのが大きいのかな? と言うのを思わずにはいられなかった。

No.3896

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0