(書評)楽園への清く正しき道程 0番目は北国産のツンドラ王妃?

著者:野村美月




「お迎えにあがりました。新しい国王様」 ただの庶民であった少年・ルドヴィークは、ある日突然、王座を継ぐことになってしまった。そして、その「一番大事なお仕事」として告げられたのは……大陸で一番高貴な血筋のお妃を迎えること! ところが、現れた美しき花嫁は彼を見るなり一言、「……キモい」 そのまま王妃となったカテリナとは、冷戦状態が続くことになって……
ということで、著者の新シリーズ。っていうか、ここのところ、著者は刊行ラッシュなのでどれが新シリーズなんだ? っていう感じがしないでもないのだが。ちなみにタイトルの「楽園」は「ハレム」、「道程」は「ルート」と言う読み仮名が設定されている。
著者の作品は『文学少女』、『ヒカル』、『吸血鬼』シリーズなど、実在する物語を下敷きにした作品も多いのだけど、今回はそれとは一線を画したギャグテイストの強い話という感じ。
1巻は、その名の通り、ヒロイン(?)は、王妃として嫁いできたカテリナ。庶民として生まれ育ったルドヴィーク。しかし、その庶民育ちだからこその素朴な行動が、「優しい」といわれて人気となり、また(雰囲気は)イケメンということでも人気を集める。しかし、カテリナはとにかく、彼のことを罵倒して……。時折、カテリナの素の表情とかを垣間見せる中でなぜ? という部分があるんだけど……
むしろ、ひたすらにカテリナにぶつかっていくように仕向けるアーデルハイト。当然のようにことごとく失敗するのだけど、失敗すればするほど、ルドヴィークの好感度が高まっていく様はなかなか楽しい。アーデルハイトは素なのかどうかわからないけど、鬼のような行動とその逆効果っぷりは笑えた。
そして、祭の日に……。そこまで見え隠れしていたカテリナの素が判明。そして、ルドヴィークは思いっきり惹かれるんだけど……
一応は、両者の関係がしっかりとて……でこの巻は終了。「0番目」とあるように、ある意味、物語の序章なんだろうけど……なんか、「友達としてはいいけど、恋人には……」みたいに言われるタイプなだけに、本当にハレム展開になるのかな? と一抹の不安もあったり。

No.3916

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

COMMENT 0